冷え性対策の温活とは?本当に体を温める食べ物10選!

今回の記事では2~3年ほど前から多くのメディアで取り上げられている『温活』について掘り下げていこうと思います。冷え性対策ではじめる人がほとんどだと思いますが、温活にはまだまだたくさんのメリットがあるのです。また、独学で温活をしていてそれが間違っていることも…体に良い影響をもたらすために、この記事を読んで正しい温活方法を学んでいきましょう♡

温活とは

『温活』に決まった定義はありませんが、日常的に体を温める習慣をつける低くなっている体温を適正まで上げる食事や睡眠などの質を変えて積極的に体を温めることを一般的に温活と呼んでいます。冷え性の人や冬場にやる活動と思われがちですが、そうではないのですね。

次に温活は体にどんな良い影響をもたらすのか、詳しく解説していきます。これからはじめようとしている人は必見ですよ♡

温活の8つの効果

温活は冷え性の改善以外にもメリットがたくさん♡1つでも当てはまる人は温活をはじめてみましょう。

①冷え性改善

ほとんどの人が冷え性が原因で温活をはじめると思います。冷え性に悩む人が多いのはちゃんとした説があり、50年前と今とじゃ平熱が平均1~2度も低くなっているそうです。さらに家電やメカの自動化、スマホの普及などで日頃から動かない生活=運動不足に陥り、特に筋肉量が少ない女性は冷え性になりやすいのです。食生活や生活スタイルの変化も原因の1つで、近年は冷え性の人が多くなっている傾向にあります。

そんな冷え性を改善するために温活が有効なのです。正しいやり方や注意点は後ほど詳しく解説していきます♡

②ダイエット

温活には女性に嬉しいダイエット効果をもたらしてくれます。ただ、体を温めるだけでダイエットできるわけではありません。温活をすることで代謝が上がり、太りにくく瘦せやすい体になるのです。温活と筋トレを組み合わせれば相乗効果を生み、さらなる効果が見込めますよ。

筋トレに関するメリットをもっと詳しく知りたい人はコチラの記事もご覧ください♡

筋トレの効果は痩せるだけじゃない?女性が筋トレをする4つのメリット

③むくみや血行不良

体が冷えることで体内を流れる血液が冷えると体温調節が正常にできなくなり、むくみや血行不良の原因に。そしてそれが冷え性に繋がります。着圧ソックスを履いたりサプリメントを摂取して血液の循環を改善させている人も多いですが、温活をして体の中から温めればそもそもの問題=血行不良が解決されます。

④肩こり・腰痛

年を取るにつれて肩こりや腰痛の悩みを抱える人が多くなりますよね。温活にはそんな悩みを解決してくれる効果も♡女性の自覚症状で最も多い肩こりと腰痛様々な要因があるうちの1つに"冷え"が考えられます。肩回りや腰回りを温めることで原因不明の肩こり・腰痛が改善されるかもしれません。

つらい肩こりと腰痛に悩んでいる人はこんなアイテムもあるので、是非試してみてください♡

 

⑤睡眠不足解消

睡眠不足や眠りが浅い人は是非温活しましょう。就寝前に首元から肩、二の腕周りを温めると血流が良くなり体温が上がります。そうすることで寝つきがよくなり睡眠の質が上がります。余裕があれば目元を温める工夫や温かいハーブティーを飲むと、さらにリラックスされて快眠できますよ。

快眠グッズはこんなのがあります♡

 

⑥頻尿

頻尿の人は体が冷えている証拠。ずっと同じ体勢だったり冷たい飲み物をたくさん飲んでいると血流が上手く行き渡らず体内が冷え、頻尿の原因に。体を冷やさない生活スタイルに変えることで、悩まされている頻尿の改善に繋がります。体の内側から温める温活をはじめて効果を実感しましょう。

⑦生理痛・生理不順

生理痛や生理不順は体の冷えが原因ということをご存知でしたか?生理中は基礎体温が低くなることから、平熱が低い人や冷え性の人ほど生理痛がひどい傾向にあります。温活をして日頃から体を温めておくことで、生理痛を少しでも緩和しましょう。生理中は下腹部とおしり、ふくらはぎを温めることで痛みが和らぎますよ♡

生理中におすすめのアイテムはコチラ♡

⑧疲労回復・免疫力アップ

体温を上げると体内の酵素の働きが活発になり、疲労回復や免疫力アップに繋がります。それだけではなく筋肉痛や神経痛の緩和、疲れにくい体を作りにも効果的♡健康を維持するためにも温活は積極的に取り入れてほしい活動です。

温活のやり方6つのポイント

ここからは具体的な温活のやり方・方法について紹介していきます。これから挑戦する人も既に温活している人も参考にしてみてください♡

①まずは冷やさない生活スタイルを心がける

温活をスタートさせる時はとにかく体を温めることに意識が持ってかれますが、"温めること"よりも"冷やさない"ことが一番重要です。特にこれからの季節はエアコンや空調の効いた部屋に長くいることが多くなったり冷たい飲み物をたくさん飲んだりと、体を冷やすシーンが日常的に増えてきます。熱中症対策や水分補給は大事なのでしっかりとした上で、極力冷やさない生活スタイルを心がけましょう。

②"寒いから温める"ではなく"日頃から温める"ことを意識

温活は"寒いから温める"ではなく"日頃から温める"ことが大切です。寒い時に体を温めるのは一過性のもので体質改善には繋がりません。日頃から体を温めることで基礎体温が上がり、冷え性の改善や健康的な体を手にすることができます。

③体を温める食生活

体の内側から温める簡単な方法は、体が温まりやすい食生活にすることです。栄養のバランスを考えて水分の多い野菜を摂るのは良いことですが、できるだけ体を冷やす冷たい食べ物・飲み物は控えて温まりやすい食べ物を積極的に食べるようにしましょう。体が温まる食べ物は下記を参考にください♡

④適度な運動

適度な運動・筋トレをすることは基礎代謝を高め高い体温をキープすることができます。基礎代謝は年齢を重ねるごとに下がっていくので、運動不足は体を冷やす原因になります。適度な運動を習慣化することも立派な温活なのです♡

⑤毎日入浴する

これからの季節はお風呂に浸からずシャワーで済ませがちですが、毎日湯舟に浸かることが大切。お風呂の温度は38℃~40℃が適温で、20分程度の全身浴がおすすめです。長風呂は体を疲れさせたりのぼせてしまうので、長く浸かりたい人は半身浴も取り入れてみてください♡

⑥服装は厚手のものではなく重ね着が基本

寒い時期に着る洋服は厚手の生地の服ではなく、薄手の服を重ね着する方が効果的です。重ね着して空気の層を作ることで、分厚いトップスを着るよりも体を温めることができます。そしてインナーは体温を逃がさず汗を吸い取ってくれるので必ず着るようにしましょう。インナーの生地はシルクやウールなどの天然素材がおすすめです。

本当に体が温まるおすすめの食べ物8選

食生活の見直しが今すぐできる温活ということで、本当に体が温まる食べ物を紹介していきます♡毎日の食事に少しずつ取り入れていきましょう。

・生姜

生姜は体を温める食材の定番。生姜に含まれる辛味成分「ジンゲロール」と「ショウガオール」が体を温めてくれるのです。「ジンゲロール」は体の末端に血流を循環させ熱を送ってくれる働きがあります。その「ジンゲロール」は加熱することによって「ショウガオール」に変化。ショウガオールは体の中心から温めてくれる効果があるのです。なので生姜は加熱してから使うとより効果的に体を温めることができます♡

・お味噌汁

発酵食品に含まれる酵素にはなんと体を温める効果があります。代謝を上げてくれる作用があるのです。継続的に飲むことで、体を温めながら瘦せやすく太りにくい体作りができますよ♡暖かい季節もなるべくお味噌汁は飲んでおきたいですね。

・雑穀米

白米や小麦粉などの白い食材は体を冷やしてしまいます。お米は雑穀米や玄米を食べるようにすると体を温められて効果的ですよ。ビタミンやカルシウムも摂れて栄養価も高いので健康的にも雑穀米はかなりおすすめ♡

・長ネギ

あまり知られていませんが、長ネギは冷え性改善に効果がある食材です。長ネギに含まれる「アリシン」という成分が含まれています。「アリシン」は血行を良くし体を温めてくれる効果が。さらに疲労回復や抗菌作用もあるので、積極的に取り入れたい食材なのです。

・ニンニク

ニンニクも体を温める食材として広く認知されていますね。長ネギと同じ「アリシン」が含まれ、加熱すると新陳代謝を盛んにする「スコルジニン」が生まれます。体を温める以外に免疫力を高めたり動脈硬化の予防にも効果的な食材です。

・スパイス

前述で紹介した生姜やニンニクもですが、唐辛子やシナモン、ナツメグ等のスパイスは体を温める効果があります。今挙げたのだけで言っても唐辛子はカプサイシンが体温と代謝をアップ、シナモンとナツメグは漢方薬にも使われるスパイスで体を温めてくれることで有名です。比較的使いやすいスパイスなので、料理の際に活用していきましょう♡

・赤、黒、オレンジ色の野菜

赤や黒、オレンジ色の食材は体を温める食材です。具体的には赤身(肉、魚)、魚介、そば、雑穀米、玄米、味噌汁、紅茶、ウーロン茶、赤ワインなどなど。普段からこういった食材を食べることで体の内側から温まるのですね。反対に白、青、緑系の食べ物は体を冷やしやすいので注意しましょう。

・寒い地域で摂れる食材

冬が旬な食材、寒冷地で育つ食べ物は体を温める傾向にあります。カボチャ、タマネギ、ゴボウ、レンコン、ジャガイモ、鮭などですね。栄養たっぷりで色々なレシピに使える食材ばかりなので温活する際は意識してみてください♡

まとめ

今回は体にメリットだらけの『温活』をテーマにして記事を書いてみました♡いかがでしたか?

この記事を見ればわかると思いますが、温活は難しそうで実はそうでもありません。すぐにでもはじめられることばかりです。正しい温活を今日からスタートさせて体質を改善していきましょう。

飲み物にフォーカスした記事もあるので、そちらも参考に♡

身体の温度があがるといいことだらけ!温活にベストな飲み物とは??