おすすめ人気ヘアオイル5選!ミルクとの比較とプチプラも紹介!

今回の記事ではヘアオイルの正しい使い方や選び方、ミルクとの違いを紹介していきます♡「今トレンドのウェットヘアにしたいけどやり方がわからない」「何を買えばいいかわからない」こんな悩みを抱える人が多いと思います。この記事を読んでヘアオイルのいろはを学んで、理想の"濡れ髪"を手に入れましょう。最後におすすめのアイテムも紹介しているので、是非参考にしてみてくださいね♡

ヘアオイルとは?

まずはじめにヘアオイルとは何なのか簡単に説明すると、髪に潤いとツヤを与えて熱から髪を守ってくれるアイテムです。ヘアオイルによって成分や特徴が違い、最近はオーガニックや無添加など成分にこだわった商品も販売されています。"ウェットヘア"がトレンドの今、ヘアオイルは女子の必須アイテムになりつつあります♡

ヘアオイルの種類

ヘアオイルは大きく分けて『植物性ヘアオイル』『動物性オイル』『鉱物性ヘアオイル』の3タイプがあります。それぞれの特徴を説明していきます。

・植物性ヘアオイル

植物性ヘアオイルは髪の補修・髪質改善が主な効果です。軽くてべたつかずサラッとしたオイルなのが特徴。植物性だけあってオリーブオイルやホホバオイル、アルガンオイルなどがベースで作られています。髪や頭皮のオイルパックにも使われるタイプで、ヘアケアに適したタイプです。

・動物性ヘアオイル

物性ヘアオイルは植物性オイルより重く潤いやすいのが特徴。潤いやすいのは植物性オイルに比べ揮発しにくいのが理由です。髪のパサつきが気になったりしっかりと潤したい人におすすめ。成分は馬油やスクワランがメインで配合されています。保湿力を求めるなら動物性ヘアオイルを検討しましょう。

・鉱物性ヘアオイル

工業製品から生まれる鉱物性オイルはしっかりとしたツヤを出し、髪のダメージ補修に即効性があるのが特徴です。低価格で艶やかな髪に仕上がり、指通りを良くします。注意点としては刺激の強いものや肌に合わないケースもあるので、自分の髪質、肌質にあった商品を使用することです。

・ミルクとの違いは?

「ヘアオイルとミルクはなにが違うの?」という疑問が多くありますが、ヘアオイルとミルクは似ているようで効果が違います。イメージ的には…

  • ヘアオイル→髪の保護、表面のコーティング
  • ヘアミルク→髪の補修、水分の浸透

こんな感じです。髪の表面をコーティングしツヤを出しながら熱や外敵から守ってくれるヘアオイルに対し、ヘアミルクは髪の内側から水分を与え保湿してくれるのがヘアミルクです。どちらもメリットがありますが、髪を守るのがヘアオイル、髪のケアならヘアミルクで使い分けるのが良いですよ♡

ヘアオイルの主な効果

ここからはヘアオイルの効果について詳しく解説していきます。「ヘアオイルを使うか検討中」「イマイチよくわからないまま使っている」こんな人は必見です!しっかりとヘアオイルの効果を知って美意識を高めましょう♡

・髪にうるおいとツヤを与える保湿効果

ヘアオイルという名前だけあって髪にうるおいとツヤを与え保湿します。乾燥からのパサつきを防ぎ、髪がまとまりやすくなります。化粧水を塗った後にうるおいを逃がさないよう、油分を補う乳液を塗るのと同じですね。

・熱や外敵から守る保護、ダメージケア

髪の表面をオイルでコーティングすることで、ドライヤーの熱やエアコンによる乾燥などから髪を守ります。ブラッシングの際の摩擦からも守り、抜け毛や枝毛予防にも効果を発揮します。

・スタイリング剤としても使える

最近は多くの女性がスタイリングを目的としてヘアオイルを使用していますね。トレンドのウェットヘアに仕上げ、髪を守ってくれるなら一石二鳥です♡

・香りによるリラックス効果も

商品によってヘアオイルの香りは様々。香りでヘアオイルを選ぶ人もいるくらいいい香りのヘアオイルもありますし、リラックス効果をもたらしてくれます。

ヘアオイルを選ぶポイント

ヘアオイルの選び方がわからない人が多いのではないでしょうか?ここでは選び方の基準をまとめてみました。購入時の参考にしてみてくださいね♡

・オイルの種類で選ぶ

オイルの種類でヘアオイルを選び方法です。種類は前述にある『植物性オイル』『動物性オイル』『鉱物性オイル』の3種類です。それぞれの特徴を把握して自分に必要なオイルを選びましょう。

・髪質で選ぶ

オイルの種類で選ぶ方法と似ていますが、髪質で選ぶ方法も無難です。乾燥しやすい、ダメージを受けやすい、ケアしたいなど、髪質と用途でヘアオイルを選びましょう。

・成分で選ぶ

成分でヘアオイルを選ぶ方法。ヘアオイルの種類によって主成分は大体決まってますが、商品によって美容成分は様々。足りない成分や気になる成分が配合されているヘアオイルを選ぶと髪質改善にも繋がるかもしれません。

・値段で選ぶ

コスパ重視で選ぶ方法です。ヘアオイルは毎日使うと消費が激しいもの。できるだけ安いものに超したことはありませんし、高ければいいと言うわけでもありません。プチプラでも優秀なヘアオイルはたくさんあるので、継続できる範囲の値段で探してみましょう。

ヘアオイルの使い方

ヘアオイルの使い方は用途やシーンによって様々。意外と知られていない使い道もあるので紹介していきます♡

1.アウトバストリートメントとして使う

主な使い道は2通りで、その1つがアウトバストリートメントとして使う方法です。アウトバストリートメントはシャンプー後に洗い流さないトリートメントとして使うことです。ドライヤーのの熱から髪を守り、しっかりと保湿。髪質改善の効果もあります。

2.スタイリング剤として使う

もう1つが、ウェットヘアに仕上げるためのスタイリング剤としてヘアオイルを使う方法です。毛量や仕上がりイメージ、髪の長さによっても使い方は変わってきますが、基本的には髪型を整えてからヘアオイルをつけましょう。髪が乱れたままだとせっかくの濡れ髪が台無しになってしまいます。

3.スキンケアとして使う

意外と知られていない使い道が、スキンケアとしてヘアオイルを使うことです。無添加やオーガニックのヘアオイルは肌に優しく、スキンケアとして使用しても効果を発揮するものが多くあります。1本でヘアケア、スキンケア、ボディケアに対応するマルチオイルもあるので、スキンケアも兼ねてヘアオイルを探すのもいいかもしれません。

おすすめヘアオイル5選

ヘアオイルの種類や使い方などを紹介してきましたが、実際にどんなヘアオイルがあるのか知りたいですよね。最後におすすめのヘアオイルをいくつかピックアップしてみたので、購入する際の参考にしていただければと思います♡

・ナプラ N. シアオイル

ナプラの『N. シアオイル』はアウトバストリートメントの代表格で多くのサロンでも採用されています。多くの植物由来成分が配合され、保湿力高めでさらっとした質感に仕上がるのが特徴♡髪質を選ばないので利便性も高いです。ヘアオイル初心者で商品選びに迷ったらまずこれを試せば間違いないでしょう。

~主な配合成分~

  • シアバター
  • アルガンオイル
  • マルラオイル
  • グレープシードオイル
  • マカデミアナッツ油

・ロレアルパリ(LOREAL PARIS) エルセーヴ エクストラオーディナリー オイル エクストラ リッチ フィニッシュ

エルセーヴの『エクストラオーディナリー オイル エクストラ リッチ フィニッシュ』は髪の保護にもスタイリングにも使える万能オイル。濃度の高いオイルを使用しているため、しっかりと髪に潤いを与えてくれます。乾燥でパサつきが気になる人に特におすすめです。6種類のフラワーエキストラオイルが配合されているのも嬉しいポイント♡

~主な配合成分~

  • ロータス
  • ティアレフラワー
  • ローズ
  • フラックス
  • カモミール
  • サンフラワー

・MOROCCANOIL(モロッカンオイル) モロッカンオイル トリートメント

『モロッカンオイル トリートメント』は髪質を選ばず、アルガンオイルをメインに保湿成分が豊富に配合されているアウトバストリートメント兼スタイリング剤。傷んだ髪にハリとツヤを与えダメージケアにも役立ちます。バニラの甘い香りで男性を振り向かせるにもおすすめのヘアオイルです♡

~主な配合成分~

  • シクロメチコン
  • ジメチコン
  • アルガニアスピノサ核油
  • アマニ油
  • 赤225
  • 黄204

・ミルボン ディーセス エルジューダMO

『N. シアオイル』と同じくサロンでの取り扱いがあるほど人気で機能性のあるヘアオイルがミルボンの『エルジューダMO』です。しっとり感を出したい人におすすめのヘアオイルで、べたつきが少なく艶やかな髪に仕上がります。ヘアケアにもスタイリングにも使えるので、しっとり派は1本持っておくと便利ですよ♡

~主な配合成分~

  • シクロメチコン
  • ジメチコン
  • ジメチコノール
  • パオパブ種子油
  • アルガニアスピノサ核油
  • スクラワン
  • ミネラルオイル

・オルナ オーガニック エッセンス

オルナの『オーガニック エッセンス』は25種類の天然植物オイルが配合されたヘアオイルです。鉱物油や合成着色料を使用していないオーガニックヘアオイルなので、髪や肌に優しいのが最大の特徴。髪に自然な潤いを与え、油分をたっぷりと髪に浸透させることで熱や外敵から髪を守ってくれます。天然植物オイルの独特ないい香りでリラックス効果も期待できますよ♡

~主な配合成分~

  • アボカド油
  • ホホバ種子油
  • ツバキ種子油
  • シア脂
  • オリーブ果実油
  • ジメチコノール
  • マカデミア種子油
  • アルガニアスピノサ核油
  • ティーツリー葉油

まとめ

この記事では今人気のヘアオイルについてまとめてみました。いかがでしたか?ヘアオイルをこれから使う人も既に使っている人も、この記事を参考にしてヘアオイルの知識を身に付けましょう。そして、正しい使い方で理想の濡れ髪にスタイリングしましょうね♡おすすめの商品も参考にしてみてください♡