食べても太らない!?体も喜ぶ、太りにくい食事とは?

美味しいもの、たくさん食べたいですよね。でも体重が気になるのはどんな人でも同じですよね。

しかし食べても太りにくいものがあるんです。上手に美味しくいただいて、健康的な体でいられるんです。

今回は食べても太りにくい食事のご紹介です!おうち時間を楽しめる食事ばかりですよ!

美味しい食事で心も身体もハッピーに!

食べるだけで痩せる!?そんなことはわりませんよね。実際に食べて痩せるというよりも、効果的な食事方法をとるということなんです。それにはどんな食材や、食事を取るのがいいのでしょうか?

食事の取り方で太りにくい体でいられるので、なかなか痩せることができない人はぜひ食事に取り入れてくださいね。

今回はそんなことも一緒にご紹介していきます!

なぜ太ってしまうの?

食べてないのに、太ってしまう、、、お水でも太ってしまうなんて思っていませんか?そんなことあるのでしょうか?

なぜ太るのか?その仕組みをしれば太らないで過ごせるんですよ。食事の方法で太らないからだを手にいれましょう

まず、食べているカロリーの方が運動するカロリーよりも多くなってしまうことが太る原因になりますよね。でも、このカロリーを気にすることがストレスに感じてしまう人も多くいます。カロリーを気にして、栄養価の低いものを食べていては良くありませんね。しっかりと栄誉も取れて、太りにくく過ごせるのがいいですよね。

例えば、、、タンパク質が減ってしまうと、筋肉が落ちて基礎代謝も低下してしまいます。そしてビタミン、ミネラルが不足すると、糖質や脂質が代謝されず、脂肪になりやすくなったりと栄養素は体にとってとても大切なものになるんですね。

ダイエットで食べることをしないのではなく、食べるもの選ぶといいんですよね。バランスの取れた食事はとても大事です。

お肉はダイエットの味方!

実はお肉は心強いダイエットの味方なんです。お肉に含まれるたんぱく質は消化するのに多くのエネルギーを使うんです。つまり肉を食べることで大幅なカロリーの消費ができるので、期待ができるんですね。

またお肉に含まれている栄養素のたんぱく質は筋肉を作るためには欠かせません。筋肉が適度にあると基礎代謝が上がり、カロリーの消費の手助けになるんです。良い効果を持つことができるんですね。

より効果的にするにはひたすらたんぱく質だけを摂取するよりも、糖質や脂質と一緒にバランスよく食べることが大事なんだそうです。また酵素なども一緒に摂取することも大事になります。

バランスが大事になるんですね。

野菜も大事!

お肉と同じようにお野菜も大事になります。野菜には、ミネラルやビタミンが多く含まれていて抗酸化作用がありますよね。この抗酸化作用は体の疲れを取ったり、代謝をよくしたり、体のサビを取ってくれる働きをしてくれるので、私たちには欠かせない食材です。

その中でも特に大事なのがトマトです。トマトに含まれている「リコピン」には、抗酸化作用がとても多く含まれていて、代謝を高めます。これにより脂肪燃焼効果も期待できるので、たくさん食べるのが良いそうですね。トマトには多くの栄養素が含まれているので、食事の時には欠かさずとってあげてくださいね。
忘れてはいけないトマトの栄養素の一つ、カリウム。これはむくみの解消にもなるんですよ。トマトには有難い栄養素がいっぱいですね。
手軽に取れるトマトジュースもあるのも嬉しいですね。トマトが苦手な人でも飲める美味しいものたくさんあるので、ぜひ1日1パック飲んでみてくださいね。

漢方茶もおすすめ!

漢方茶や、中国茶、そして台湾茶も消化などの手助けをしてくれる効果があるんです。
特に台湾茶はウーロン茶が代表的ですが、他にも美容に効果のあるお茶が多くあるんです。中華料理の時など烏龍茶が出てきたことはありませんか?あれは食事をより美味しくいただくためのものなんですよ。
台湾茶のなかでも「凍頂烏龍茶」や「高山烏龍茶」はダイエット効果が高いと言われています。「烏龍茶ポリフェノール」は茶葉を半発酵させる途中でポリフェノールが変化したものでダイエットにはとても効果があると言われています。脂肪の消化吸収を防ぎ、体外に排出する働きがあるので、食事のおともに飲みたいですね。
そしてお茶に含まれるカフェインには利尿作用があるため、デトックス効果も期待できるそうです。お茶には体に良い効果のあるものがたくさん含まれているので、おすすめですね。カフェインが含まれているので、コーヒーなどと一緒にたくさん飲んでしまうと、気分がすぐれないこともあるので気をつけてくださいね。

おわりに

食事の仕方で太りにくい体を手に入れることができるんですね。

美味しく食事に取り入れて、バランスの良い食事、そしてストレスも感じることなく綺麗な体を手に入れたいですよね。

お手軽に毎日の食事に取り入れてあげてみてはどうでしょうか?まずは無理せず自分でできるものを取り入れてくださいね。