肌がキレイになると人生が変わる!↓




フォーエバー二重術とは?ダウンタイムや費用はどれくらい?

一生ものの二重が手に入る、フォーエバー二重術。過去に埋没法で二重がもとに戻ってしまった、まぶたが厚く埋没法が受けられないといった人たちから注目を集める二重術です。今回はフォーエバー二重術のダウンタイムや費用、メリット・デメリットなどを詳しくご紹介したいと思います。

フォーエバー二重術とは

フォーエバー二重術は、一重に戻りにくい工夫を施し一生ものの二重が手に入る埋没法の二重整形術のことをいいます。

これまでの埋没法は時間が経つと取れてしまったり、まぶたの皮膚が厚い人は施術自体が受けられなかったりと、悩みを抱える人も多かったです。とはいえ目頭切開を選択するには勇気がいるし怖い…。そんな人にこそおすすめしたいのが、フォーエバー二重術。2本の糸をスクエア型にかけた上に糸同士をクロスさせる方法によって、極限まで取れづらい埋没法を可能とした、二重術なんです。

従来の埋没法と比べて術後の腫れも抑えられ、糸の結び目が小さくて目立ちにくいため仕上がりも自然な二重になります。まぶたにたるみのある人や、過去に行った埋没法を修正したいという人でも受けられる施術です。

この施術に向いている人

  • 永続的な効果が欲しい人
  • 自然な仕上がりの二重になりたい人
  • 幅の広い二重になりたい人
  • まぶたが厚くアイテープや二重のりが使えない人
  • 過去に埋没法で元に戻ってしまった経験のある人

この施術に向いていない人

  • ダウンタイムを避けたい人
  • メスや針を使った施術に抵抗のある人

メリット

  • 一生ものの二重が手に入る
  • 比較的ダウンタイムが短い
  • 従来の埋没法より術後の腫れが抑えられる
  • 傷跡が目立たない

デメリット

  • ダウンタイムがある
  • 術後入浴やメイクなどに制限がある
  • だるさや頭痛など副作用を起こすケースもある

フォーエバー二重術の施術手順や事例

一生ものの二重が手に入るフォーエバー二重術。ここからは施術手順や事例について見ていきましょう。

1.カウンセリング

手術に入る前、まずは担当医師とのカウンセリングから始まります。

手術内容の説明や術後の経過などについて、説明が行われます。また手術中は麻酔が使用されますから、服用している薬がある場合や妊娠中の場合は必ず医師に相談をしておきましょう。

手術は緊張してしまいますが、できるだけリラックスした状態で当日を迎えるためにも、医師としっかり話し合いをすることが大切です。

2.麻酔

施術箇所の消毒を終えたら、まずは麻酔をしていきます。

クリニックによって麻酔の種類は異なりますが、一般的には点眼麻酔と局所麻酔を使用します。点眼麻酔は結膜にするもので、これをすることによって注射を使って麻酔液を注入する局所麻酔の痛みが抑えられます。

また、全身をリラックス状態にする笑気麻酔が受けられるクリニックも。マスクを使って笑気ガスを注入することで、お酒に酔っているような感覚で意識を和らげる麻酔法です。手術に対して恐怖心があるという方は、笑気麻酔がおすすめです。

3.施術

麻酔が効いたら施術へと移ります。

先端が針になっているメスで肌表面に穴をあけたら、穴に糸を通して二重の幅を固定させていきます。フォーエバー二重術では挙筋法といわれる繊維の代わりに糸で拳筋と皮膚を結ぶ方法で施術をします。

従来の埋没法と違い糸をスクエア型にかけることで、眼瞼内組織への圧を分散させて同時に糸2本をクロスさせることができるため、極限まで取れづらい埋没法が実現できるのです。

施術にかかる時間は30分~1時間程度と、比較的短い時間で終了します。

4.術後(ダウンタイム)

手術が終わったあとは入院は不要で、基本的にはその日のうちに帰宅できます。

腫れや内出血が治まるまでのダウンタイムは5日~1週間程度。その後抜糸を行い、傷跡は1~2週間程度で落ち着き1ヵ月も経てばほぼ完治します。数日程度施術箇所を圧迫する処置を行った後、目元のメイクや洗顔ができるようになります。車の運転や激しいスポーツ、入浴などのタイミングは必ず医師の指示に従うようにしてください。

ほとんどのクリニックでは、術後1ヵ月経ったら検診が行われます。その時に異常がなければ手術は完了です。もし術後検診までに強い腫れや痛みが治まらない、違和感があるという場合は医師に相談をしましょう。

フォーエバー二重術の費用感

フォーエバー二重術を両目に行う場合、150,000~250,000円程度が相場です。

従来の埋没法よりも少々値段はお高めに。とはいえ一度施術を受ければ永続的な効果が得られますし、万が一糸が取れてしまった場合でも無期限で修正を行ってくれる保証制度を設けているクリニックも多いです。

まとめ

一生ものの二重が手に入る、フォーエバー二重術についてご紹介しました。埋没法は気軽に行えるものの、時間が経つと取れてしまうというデメリットがありました。しかし同じ埋没法でも、フォーエバー二重術なら極限まで取れにくい術法で、永続的な二重が手に入ります。仕上がりも自然ですから、美しい二重を手に入れたいという方は検討してみてはいかがでしょうか。

肌がキレイになると人生が変わる!↓
iOSアプリダウンロードはこちらから↓

ABOUTこの記事をかいた人

これまで化粧品販売員や医療関係のお仕事を通して、多くの女性の美に関してのお手伝いをさせていただいてきました。私自身何より美容を愛しており、プチプラからデパコスまで新発売のコスメは全て試すコスメマニアです。過去に15kg減量したダイエットの経験もあり、食事や生活を基準に内側から作る美容にも力を入れています。 いつまでも美しくいたいと思う女性の皆さまのお力添いになれるような情報を、発信していきたいと思っています!