フェミニンからフレッシュタイプに!爽やかメイクの秘訣とは?

華やかで女っぽいと言われるフェミニンタイプのあなたも、メイク次第で爽やかでフレッシュな印象に変わることもできますよ。時にはイメージチェンジをして、新しい自分を演出してみませんか?

顔タイプが分からない方は、こちらの記事をご覧ください。

無料のAI顔タイプ診断アプリmiraの使い方。対面やオンライン講座との違いは?

フェミニンタイプの特徴とは?

フェミニンタイプの特徴は、パーツや輪郭が曲線的で骨っぽさがなく、全体的に丸みを感じます。ソフトな中にも華やかさをあわせ持ち、女性らしい印象を与えます。ファッションでは、レースやエレガントで華やかな服装が似合います。

有名人では、石原さとみ・白石麻衣・小嶋陽菜・井川遥などがフェミニンタイプになります。

フレッシュタイプの特徴とは?

フレッシュタイプの特徴は、パーツや輪郭は曲線と直線をあわせ持ち、パーツの大きさは普通~小さめで、凸凹が少なく平面的です。爽やかで親しみやすく、実年齢よりも若く見られることが多いです。ファッションでは、カジュアルな服装が似合います。

有名人では、生駒里奈・広末涼子・永作博美・菅野美穂などがフレッシュタイプになります。

フェミニンタイプがフレッシュタイプになるメイクのポイントとは?

フェミニンタイプとフレッシュタイプは、どちらもソフトな印象を持っています。そこで、ソフトなやわらかさはそのまま活かして、派手さを押さえ爽やかさと透明感を出すのがポイントです。女っぽさではなく、カジュアルさを目指しましょう!

ソフトな印象を活かした爽やかメイク法を解説!

フレッシュタイプの顔になるには、爽やかさ・透明感・カジュアルさを意識したメイクをしていきます。「すっぴんなの?」と思われるくらいの、ナチュラルで自然なメイクを心がけましょう。

眉メイク

眉はストレートラインを意識して描きます。ペンシルタイプを使うと印象の強い眉になってしまうので、パウダータイプを使いふんわりと仕上げましょう。

パレットの(D)を使い、眉頭から眉尻まで水平に描いていきます。目尻は下げずに気持ち短めに描きましょう。眉を短かめにすることで、カジュアルな印象になります。

アイメイク

爽やかな印象の目元にするため、アイメイクは淡い色を使います。ここでは、パールの入った淡いベージュとピンクを使って優しい目元を演出しましょう。パールの入ったものを使うと目元に透明感が出ます。

まず、アイホール全体に(E)をぼかし入れ、二重の部分に(F)と(G)を重ね入れます。涙袋にも(E)をぼかし入れて、目尻にも淡いピンク色の(G)を入れると柔らかい印象の目元になります。

リップメイク

爽やかな印象を作るため、リップはピンクベージュなど、肌なじみの良い淡い色を選びましょう。コンシーラーで唇の赤味を消し、リップを唇全体に塗ります。中心のみにグロスを重ね塗りすると清々しい印象の唇になりますよ♪

ハイライト

ハイライトは1番明るい(A)を使います。真っ白を使うとハイライトを入れた感が強く出てしまうので、オフホワイトや少しベージュがかった白がおすすめです♪額と鼻筋のTゾーンにいれると、顔全体に透明感が出て、健康的で明るい印象になります。

チーク

チークは、頬骨からこめかみに向かって斜めに入れます。フレッシュタイプの透明感を出すため、パレットの(B)か(C)を濃くならないようにふんわりと入れて、自然な血色を演出しましょう。あくまでもナチュラルさを出すことがポイントです!

いつものメイクをちょっと変えてフェミニンからフレッシュに変身!

綺麗だと言われるのは嬉しいけれど、派手な印象に捉えられがち・・・。フェミニンタイプの女性はそんな悩みを持っています。

そこで、今回は華やかな印象から爽やかなフレッシュタイプにイメチェンできるメイク法を紹介しました。いつものメイクをちょっと変えて、違う自分を楽しんじゃいましょう!

あなたに合ったメイクアドバイスカードがあればなりたい自分になれる!

mira(ミラ)を使って、自分を知ってなりたい自分になりましょう!

feminine顔タイプの方のアドバイスカードはこちらからGetできます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

美容に関することが大好きで、メイクやスキンケアといった外から美しくなる事ももちろん、中からも綺麗になれることを心がけています。薬膳マイスターの資格を持っており、メイクやファションでより美しくなるための綺麗なお身体を作ることにも取り組んでいます。 これからも女性が美しくなれるあらゆる知識を広げながら、読者の皆様に楽しく興味を持って読んでもらえる記事をたくさん書いていきたいと思っています。 どうぞよろしくお願いいたします!