フェイスオイル♡正しい使い方をマスターしてスキンケアに取り入れよう♪

トップ画像出典:https://jp.melvita.com/promo-7oils_lineup,11,2,11113,194726.htm

スキンケアに欠かせないアイテムとして大人気のフェイスオイル!様々な美肌効果があるフェイスオイルは、保湿対策はもちろんニキビ肌や敏感肌でも使え、使い続けることで健康で丈夫な肌を作ります。

今回はフェイスオイルの役割や使い方、選び方や選ぶときの注意点を紹介します。

 

フェイスオイルの役割

フェイスオイルに含まれる成分には、美肌を作る様々な効果があると言われています。

肌を乾燥から守る「必須脂肪酸」、明るく健康的な肌を作る「ビタミン類」や「ミネラル」などがその代表例。含まれている成分はフェイスオイルの種類によって異なりますが、1本で何種類もの成分が含まれている物もあります。

私たちの肌によくなじむので、化粧水や乳液との相性がいいのが特徴です。

 

フェイスオイルの使い方

フェイスオイルには主に3つの使い方があります。

一つ目は「ブースター」として化粧水の前に使う方法。ブースターとは導入美容液のことで、その後に使用するスキンケアアイテムを浸透しやすくする働きをします。洗顔後の肌にフェイスオイルを直接つけることで、肌が柔らかくなり化粧水の浸透がよくなります。

二つ目は「保湿アイテム」として使う方法。フェイスオイルには化粧水だけではできない部分をカバーするという役割があります。化粧水の水分は時間とともに蒸発をしてしまうので、化粧水や乳液のあとにフェイスオイルをつけることで水分の蒸発を防ぐフタの役割をしてくれます。

三つ目は「マッサージオイル」として使う方法。フェイスオイルを顔に塗ってマッサージをすることで、肌への摩擦を防いで保湿ケアをすることができます。お風呂の中で使用することもできるので時間があるときはゆっくりとマッサージもおすすめ♪

 

フェイスオイルの種類

フェイスオイルには植物性のものからサメの肝油から採れるものまで様々な種類があります。成分や使い心地がそれぞれ異なるので、自分に合ったフェイスオイルを選ぶことが大切です。

代表的な種類をご紹介します。

アルガンオイル

モロッコに自生するアルガンツリーの種子から作られる保湿・肌の保護・シワ予防に効果的なフェイスオイル。バランスがいいオイルと言われビタミンやリノール酸などの不飽和脂肪酸が多く含まれ、乾燥から肌を守りハリや弾力をよみがえらせてシワを予防します。

ホホバオイル

砂漠に育つホホバの種から作られる「人の肌と同じ成分を含む」フェイスオイル。ワックスエステルという人の肌と同じ成分を含んでいいるため浸透性に優れ、高い保湿・保護効果を発揮します。

スクワランオイル

サメの肝油に含まれるスクワレンに手を加え、肌に使える状態にしたスクワランオイル。さらっとしたテクスチャーの軽い使用感が特徴的で、オイルが苦手な人にもおすすめです。

オーガニックオイル

「自然にある物のみを使って作られる」オーガニックオイル。無農薬栽培された植物から抽出され、合成界面活性剤やアルコールなどの人工物を使用していないオイルです。

 

フェイスオイルの選び方

種類や使用感が大きく異なるのがフェイスオイルの特徴です。価格もお手頃なものから高価なものまで様々。自分に合ったフェイスオイル選びの参考にして下さい。

肌悩みで選ぶ

乾燥肌には、アルガンオイル・椿油・オリーブオイル。敏感肌には、スクワランオイルや・ワセリン・ベビーオイル。ニキビ肌には、ホホバオイル・ミツロウ・ワックスがおすすめです。

テクスチャーで選ぶ

ベタベタ感が苦手な人は、さらっとした軽いテクスチャーで肌にのせることができるもの。特にベタつきが気にならないという人は、とろみのあるテクスチャーのものがおすすめです。

価格で選ぶ

フェイスオイルは商品によって価格の幅が広いのが特徴です。デパコスブランドは5000円程度からで、プチプラだと1000円以下で買えるものもあります。

 

フェイスオイルを選ぶときの注意点

フェイスオイルには使う上で注意しなければならない点もあります。誤った使い方をしていると肌荒れを起こす原因になることも。正しい使い方をしてフェイスオイルの効果を最大限に引き出しましょう!

保管方法

フェイスオイルの中には酸化しやすく冷蔵保存が必要なものもあります。常温保存が可能なのが、ホホバ・椿・オリーブ・スクワラン・アルガンなど。一方で冷蔵保存が必要なのが、ローズピップやグレープシードオイルなどです。

日中使う場合

フェイスオイルは日中の乾燥対策として、メイクの上から重ねて使う場合もあります。この場合は酸化しにくいタイプのものを選ぶようにします。具体的には冷蔵保存のローズヒップやグレープシードオイルは避けた方がいいでしょう。

 

おわりに

様々な美肌効果があるフェイスオイルは、使い続けることで健康で丈夫な肌を作ります。役割や正しい使い方を知り、自分の肌や好みのテクスチャーに合ったフェイスオイルを選んで、毎日のスキンケアに取り入れてみましょう♪

 

お得なクーポンチェックできるiOSアプリダウンロードはこちらから↓