目尻切開で切れ長の目に!メリットデメリットから手術の手順まで詳しく解説!

目を大きくしたい、二重瞼にしたいなど目に関する悩みを持っている人は多くいます。目尻切開術は、切れ長の目にしたい、垂れ目や吊り目を改善したい、目を大きく見せたいという方にお勧めの手術です。

「手術に心配や不安がある」という方にもわかるように、目尻切開手術のメリットデメリットや手術手順などを詳しく解説しています。目尻切開術について知りたいという方はぜひ参考にしてくださいね。

目尻切開とは?

目尻切開とは、目尻部分を切開して横に広げる手術です。切れ長のシャープな目になる他、垂れ目や吊り目の改善効果、目を大きく見せる効果もあります。また、目尻切開により目尻からこめかみまでの距離が短くなる事で、小顔に見みせる効果も期待できます。

人の顔のバランスは、目の幅と目と目の間の距離が1:1:1が最も均等の取れた比率といわれています。目尻切開で目の幅と距離を調節することで、顔全体のバランスを整えることができます。

目尻切開が向いている人は?

・目元をシャープに見せたい人

・垂れ目や吊り目を改善したい人

・目を大きく見せたい人

・目のバランスを整えたい人

目尻切開が向いていない人は?

・白目が少ない人

・ダウンタイムが気になる人

・費用を安く済ませたい人

目尻切開のメリットは?

・目を切れ長に大きく見せる

・小顔効果

・目の幅を調節できる

・他の手術と組み合わせることができる

目尻切開で目の横幅と目全体の大きささが広がることで、切れ長で大きな目に見せる効果が期待できます。また、目尻からこめかみまでの距離が短くなることや目の面積が大きくなることで、小顔に見せる効果も期待できます。

人の顔の中でも特に目元は、顔の印象を大きく左右します。目の大きさや位置で随分と印象が変わりますよね。目尻切開では、目の幅と距離を調節して均等の取れた比率に整えることができます。

また、目尻切開術は目頭切開や二重手術など他の手術と組み合わせて同時に行うことができるので、目全体を大きくしたいという方にお勧めの施術法です。

目尻切開のデメリットは?

・思ったほどの効果が出ない

・まつ毛のない部分ができる

どのような手術にもメリットがあれば、やはりデメリットもあります。

施術後、人によっては、想定していたほどの効果を感じられないこともあります。特に、目尻切開は白目のある部分までしかできないため、白目が少ない人は効果が出にくいというデメリットがあります。

また、切開する箇所にはまつ毛が生えていないので、切開で広げた部分はまつげのない状態になります。

ダウンタイム

術後、充血や出血・はれや浮腫が起こることがありますが、通常は数日~長い人で2週間ほどで治まってきます。傷跡の赤味が消えて全体的に落ち着くまでは3ヶ月ほどかかります。

リスク

目尻切開をすることでのリスクとしては、通常起こることはほとんどないと考えられますが、まれに傷口から細菌が入り込み感染症を起こすことがあります。特に抵抗力が落ちている人は、感染症にかかりやすくなるので、術前には体調管理もしっかりしておきましょう。

また、まれに切開した箇所の皮膚が収縮して、後戻りをしてしまうことや術前よりも目の幅が狭くなってしまうことがあります

目尻切開術の手順を紹介

では、実際の目尻切開術はどのような手順で行われるのか、詳しく解説してきます。

1.カウンセリング

まず、どのような目にしたいのかどのような術式があるのかなど、専門科医によるカウンセリングと手術方法等の説明があります。心配や不安がある方は、気になることや疑問点などがあれば質問をするなどして、十分納得して手術に臨むようにしましょう。

2.切開部分と手術法を決める

目尻の切開したい部分を細かく設定します。目尻切開手術には、W形成法やV-Yflapなどいくつかの術法があり、その人の目に合った方法やどのような目にしたいかなどによって術法が変わってきます。

3.麻酔

麻酔は局所麻酔で行われます。目の周りには細かい神経や血管が通っているので、神経や血管を傷つけないように極細の針を使って麻酔をします。

4.切開

W形成法やV-Yflapなどで目尻の切開手術を行います。手術時間は、30分から1時間ほどです。

5.縫合

切開した箇所を希望の目の形に整えた後、切開した部分を縫合します。通常、縫合時の糸は後に抜糸が必要な医療用の糸を使用しますが、クリニックによっては時間とともに体内に吸収される吸収糸を使う場合もあります。

手術後は問題がなければ帰宅となり、1週間ほど後に通院で抜糸をします。

術後の生活・注意点

・洗顔・シャワーは、翌日からOKです。

・入浴は、腫れが引いてからOKです。

・メイクやコンタクトは、抜糸が済んでからOKとなります。ただし目と目の周り以外のメイクは翌日からしても構いません。

激しい運動などの血流が良くなる行為は、抜糸後まで控えましょう。

目尻切開にかかる費用

目尻切開にかかる費用 両目で25,0000円前後 (クリニックによって異なるため事前に確認しておくようにしましょう。

目尻切開で魅力的な切れ長の目になろう!

 

目尻切開術について、お分かりいただけましたか?メスを入れて皮膚を切開する手術ですから、デメリットやリスクを全く伴わないとは言い切れませんが、きちんとしたクリニック選びをすれば、短時間で傷跡がほとんど残ることなく、切れ長の魅力的な目元になることができます。

ほとんどのクリニックでは、事前に専門科医が詳しいカウンセリングを行ってくれます。「切れ長の目になりたい!」「垂れ目や吊り目を改善したい!」という方は、1度クリニックに相談してみてはいかがでしょうか。きっと理想の目になる方法が見つかりますよ♪

 

ABOUTこの記事をかいた人

美容に関することが大好きで、メイクやスキンケアといった外から美しくなる事ももちろん、中からも綺麗になれることを心がけています。薬膳マイスターの資格を持っており、メイクやファションでより美しくなるための綺麗なお身体を作ることにも取り組んでいます。 これからも女性が美しくなれるあらゆる知識を広げながら、読者の皆様に楽しく興味を持って読んでもらえる記事をたくさん書いていきたいと思っています。 どうぞよろしくお願いいたします!