整形なしで二重や涙袋は作れる?自宅ケアで簡単!理想の目元になる方法

くっきり二重やぷっくりとした涙袋はとても可愛いですよね。二重や涙袋は整形なしでも作れるのです!いつも使っているお化粧品やアイプチを使えば、誰でも簡単に理想の目元に。今回は二重や涙袋を作る方法やメリット・デメリットについて詳しくまとめました。

二重や涙袋は自宅ケアで作れる

くっきり二重にぷっくりとした涙袋は、可愛い女の子の象徴と言っても過言ではありません。それほど二重や涙袋に憧れる女性は多いのです。

最近は整形で理想の目元を手に入れる方も増えました。とは言っても整形は気軽にできるものではありませんし、お金も勇気もいりますよね…。

そんな女性におすすめしたいのが、自宅でできる簡単ケアです!いつも使っているお化粧品やアイプチを使えば、誰でも簡単にくっきり二重や涙袋を手に入れられるんですよ。

このメイクが向いている人

  • 簡単に理想の目元を手に入れたい人
  • 整形に抵抗がある人
  • 費用を抑えて二重や涙袋を作りたい人

このメイクが向いていない人

  • 永続的な効果を求めている人
  • メイクに時間をかけたくない人

メリット

  • 誰でも気軽に理想の目元を作れる
  • 費用を抑えられる
  • 二重幅や涙袋の色を気分によって変えられる

デメリット

  • 慣れるまで練習が必要
  • 朝のメイク時間が増える
  • 商品によっては肌に合わない場合もある

自宅でできる目のケアのすべて

アイテープとアイプチどっちが良いの?

アイテープはまぶたにテープを貼って二重を作る商品で、アイプチはコスメブランドのイミュから発売されている、二重を作るのりのことです。アイプチはあくまで商品名ですが、他のブランドから発売されている二重のりもアイプチと呼ばれることが多いです。

アイテープは理想の二重幅に合わせてテープを貼るだけなので、二重メイク初心者さんにおすすめです。しかしまぶたを閉じたときテープが見えてしまうというデメリットも。

一方アイプチはのりを塗って二重幅を固定させます。テープと比べて価格が安く二重幅を自由自在に調整可能です。肌に密着するので、人によっては肌に合わずかぶれてしまうことも。

アイテープは初心者さん向け、アイプチは二重幅にこだわりのある人向けと言えるでしょう。

どちらも試してみて自分に合う方を選択するのが良いと思います。

二重を作る①アイテープ

アイテープは理想の二重幅に合わせて、テープを貼るだけでOKです。とっても簡単ですよね。

アイテープを貼った上からアイラインを引く「ダブルライン」というメイクテクニックを使って影を作れば、さらに二重幅を強調できます。

基本的にはアイシャドウの上からテープを貼りますが、それだと取れやすいという方は始めにアイテープを貼っても大丈夫です。肌質によっても異なるので、どちらも試してキープ力を比べてみるのが良いでしょう。

二重を作る②アイプチ

アイプチはアイシャドウを塗り終えた後、まぶたにのりを塗ります。のりが乾いたら専用のスティックで押し込んで二重幅を固定させます。

テクニックがいるので、慣れるまでは難しく感じるかもしれません。のりが多いとダマができて汚く見えるし、少ないとしっかり固定されないし、適切な量を塗る必要があります。

お休みの日に練習して、コツを掴みましょう。

テープやアイプチを目立たなくさせる方法

アイテープやアイプチは、まぶたを閉じたときどうしても目立ってしまいますよね。

気になる場合は、上からアイシャドウを薄く塗りましょう。多く塗ると剥がれやすくなってしまうので、あくまでも薄く塗ることがポイントです。

アイシャドウを重ねるだけで自然な仕上がりになり、テープやアイプチが目立たなくなるテクニックです。

涙袋を作るのに使うメイク道具

涙袋を作るのに使うメイク道具は

  • 薄い色のアイライナー(ブラウン、ピンク系がおすすめ)
  • 綿棒
  • 明るい色のアイシャドウ

以上3点だけです。既に持っている道具だけで涙袋は作れますよ。

涙袋を作るメイク方法

まず始めにアイライナーで影を作っていきます。目を細めたときにぷっくりと盛り上がる部分の下に、アイライナーを引きます。全体に引くのではなく、黒目の下あたりのみ引くことで自然な印象に。アイライナーで線を引いたら、肌に馴染むよう綿棒でぼかしてください。

次にベージュや薄いピンク色のアイシャドウを、下まぶたにのせます。このときもまぶた全体ではなく黒目の下のみにのせると、より自然に仕上がります。

華やかさをプラスしたい場合は、ラメを重ねても可愛いです。

たったこれだけで、ぷっくりとした涙袋の完成です。簡単ですよね。

二重・涙袋メイクにかかる費用

二重、涙袋メイクにかかる費用の相場をまとめました。

アイテープ 1,000~1,500円
アイプチ 500~1,000円
アイライナー 800~1,500円
アイシャドウ(単色) 500~1,000円

全て1,000円前後で購入できます。アイライナーやアイシャドウは既に持っているものを使えば、費用はかかりません。

まとめ

自宅ケアで理想の目元を作る方法についてご紹介しました。

二重や涙袋は、目元の印象を一気に変えてくれます。ぜひ今回ご紹介した内容を参考に、自宅でできる目元ケアを試してみてください。

iOSアプリダウンロードはこちらから↓

ABOUTこの記事をかいた人

これまで化粧品販売員や医療関係のお仕事を通して、多くの女性の美に関してのお手伝いをさせていただいてきました。私自身何より美容を愛しており、プチプラからデパコスまで新発売のコスメは全て試すコスメマニアです。過去に15kg減量したダイエットの経験もあり、食事や生活を基準に内側から作る美容にも力を入れています。 いつまでも美しくいたいと思う女性の皆さまのお力添いになれるような情報を、発信していきたいと思っています!