皮膚科医が教えるニキビ、ニキビ跡、毛穴の対処方法

本記事は肌荒れやニキビで悩まれている方に向けて、どのように改善したら良いのかを皮膚科医の馬渕先生に直接インタビューしてきました。たくさんの患者さんをみてきた皮膚科医だからこそわかる知見などが書かれていますので、ぜひ読み進めていってください!

 

馬渕知子(まぶちともこ)

東京医科大学医学部医学科卒業後、同医科大学病院皮膚科学講座に所属しながら同病院に勤務。
その後、マブチメディカルクリニックを開設、現在に至る(院長)。
内科学・皮膚科学が専門であるが、あらゆる科と提携を結び、多面的に人間の体を総合的にサポートする医療を推進している。

主なメディア出演

【テレビ】

日本テレビ 「PON!」「ザ!世界仰天ニュース」「ぐるぐるナイティナイン」
テレビ朝日 「林修の今でしょ!講座」
TBS 「健康カプセル!ゲンキの時間」「この差って何ですか?」
フジテレビ 「めざましテレビ」「バイキング」「ノンストップ」
TOKYO MX 「モーニング CROSS」
BSTBS 「大塚製薬OS-1のCM」
YTV「そこまで言って委員会NP」 その他、多数出演。
主な著書

『「デキる人」ほどなぜ人間ドックに行くのか?』(講談社)
『元気になる水 きれいになる水 やさしくなる水』(講談社)
『天然水は自然の名医 コップ1杯からのミネラルウォーター活用術』(実業之日本社)
『臓器ちゃん、のぞいてみました』(情報センター出版局・監修)
『からだを救う、水の飲み方、選び方』(講談社)
『朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる』(Business Life)

 

ニキビにはどのように対処したら良いのか

 

ニキビができないように努力しても、どうしてもできてしまします....。
できてしまった場合どのような対処をしたら良いのでしょうか?

 
 

私はクレイ洗顔をおすすめしています。
クレイには弱いピーリング効果があるので、古い角質など肌にとってはいらないものだけしっかり落としてくれます。
肌が弱い人は週に三回ほど、そうでない人は毎日クレイ洗顔したほうがニキビには有効です。

 
 

クレイ洗顔っていったいどんなものなんですか?

 
 

クレイ洗顔は、クレイ(泥)を配合した洗顔のことです。そのため、「泥洗顔」と呼ばれることもあります。
ここでいう泥は普通の泥ではなく、粒子が細かい泥を指します。
非常に粒子が細かいため、届きにくい毛穴に残った皮脂やファンデーション、古い角質までしっかり取り除いてくれることに期待がもてます。そのため届きにくい毛穴の奥まで浸透しやすく、毛穴に詰まった古い角質までしっかり取り除いてくれるのです。

私が毎日使用しているクレイ洗顔は鹿児島県の桜島の火山白土を使用したこちら↓↓↓
桜島活泉水、美肌活泉 (bihadakassen.co.jp)
テレビに出演するなど肌のコンディションに気を使っている患者様にもお勧めしている洗顔石鹼です。

私が毎日使用しているクレイ洗顔は鹿児島県の桜島の火山白土を使用したこちら↓↓↓
桜島活泉水、美肌活泉のオンラインショップ【公式】 (bhadakassen.co.jp)
テレビに出演するなど肌のコンディションに気を使っている患者様にもお勧めしている洗顔石鹼です。
 

なるほど、クレイ洗顔がもたらすピーリング効果がニキビには有効ということなんですね。
クレイ洗顔をしてもニキビが治らない患者さんにはどのような処置を施すのでしょうか?

 
 

一番初めに使うのは抗菌剤が含まれたローションや塗り薬が多いです。ニキビの原因の1つとしてアクネ菌が関係しているので、その菌を殺すために抗生物質を処方される先生もいます。
その他の治療方法として、最近、濃度が高めのレチノール含有の外用剤を使われる先生も多いです。抗菌剤ではニキビが改善しないという方は、試してみると良いかもしれません。


レチノールに関してはインタビュー記事の乾燥肌編でも述べているのでそちらの記事も参考にしてほしいのですが、レチノールは肌の新陳代謝を促す作用があります。この作用のおかげでニキビができている部分だけ肌の新陳代謝を促し、ニキビが治していくイメージです。
ただ濃度の高いレチノールと紫外線の相性はよくありませんので、使用する際は気をつけないとダメですね。

 

 

乾燥肌には味の素!?皮膚科医が語る、乾燥肌の悩みを解決する驚きの方法

ニキビにはまず洗顔、それでも治らなければ殺菌、肌の再生といった処置が良さそうですね。ニキビを隠そうと化粧を濃くしてしまうと、ニキビの餌が増えて逆効果になることもあるので、ニキビができてしまったら焦らず洗顔に力をいれましょう!

毛穴は広げないこと意識する

 

先程「毛穴」というキーワードがでてきたので質問したいのですが、毛穴のケアはどうすれば良いでしょうか?

 
 

できてしまった毛穴を小さくすることは難しいので、毛穴を広げないことを意識することです。
毛穴を広げないためにはしっかり洗顔をして毛穴の汚れを落とし、保湿を心がけることです。
また化粧をつけたまま寝るというのはご法度ですね。ひどい毛穴を目立たなくするのであればレーザーの利用も推奨しています。

 

毛穴を塞ぐことは難しい。いかに広げないように努力するかが大事になってきそうですね...。

ニキビ跡はどのように対処する?

つづいてニキビ跡についてみていきましょう。

 

ニキビ跡に悩んでいる場合はどのようにしたらよいでしょうか?

 
 

茶色っぽいニキビ痕はメラニン色素が原因です。

炎症や摩擦などの影響で、その場所のメラニン色素が増えたり、色が濃くなってしまうからです。濃くなったメラニン色素を薄くするのにはビタミンCが有効。肌の奥まで浸透するタイプのビタミンC入りのローションやサプリメントなどでビタミンCを内側から補給するのも良いですよ。

10代20代でできたニキビは、お手入れの仕方が悪かったり、栄養バランスの乱れがあると、でこぼこした感じの痕として残ってしまうことがあります。ですから、いかに痕が残らないようにするかが重要です‼

 

メラニン色素を撃退するのはビタミンC。そして若い頃のケアがいかに大事が再確認しました。

ニキビって保険適応なの?

保険治療と美容治療について聞いてみました。

 

ニキビの治療が保険適応とよく聞くのですが、保険治療と美容治療の線引はどうなっているのでしょうか?

 
 

ニキビには尋常性痤瘡という病名がついていて、病気と認定されれば保険が適用されます。また生まれつきの色素沈着や事故でできてしまったシミなども保険適用内になります。

基本的には皮膚科は保険適用、美容皮膚科は適応外です。

治療内容は似たところもありますが、美容を目的として専門に行っているのが美容皮膚科ですので、「きれいになりたい‼美しくなりたい‼」と思って治療を望む場合は、治療費が高めではありますが、美容皮膚科で相談されるのが良いと思います。

 

ニキビの本名って尋常性痤瘡(じんじょうせいざそう)だったんですね👀

美容皮膚科はきれいになることに特化しているので、やっている内容は同じでも精度がことなってくるみたいです。

まとめ

皮膚科医の馬渕先生がニキビやニキビ跡に関するアドバイスをしてくださいました!

要点をまとめると

  • ニキビができたらまず洗顔
  • それでもダメなら殺菌、肌再生
  • 毛穴は広げないこと意識
  • ニキビ跡にはビタミンC
  • ニキビは保険適応で治療できる

となります。参考になりますね!

他にも乾燥肌の改善の仕方をインタビューした記事もありますので合わせてご覧ください!

 

また馬渕先生はYouTubeでも発信されています。美容のためになる専門的な内容はもちろん、わからないことをコメント欄で質問すると丁寧に答えてくれます。最新の美容情報を手に入れるためにもぜひチャンネル登録をしてみてくださいね!

\ \ 馬渕先生のYouTubeチャンネルはこちら / /

最後まで読み進めていただきありがとうございます!

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして!毎日美容関係の記事を20記事以上ネットサーフィンをしながらみている美容オタクです。そんな毎日美容のことを考えている私が書く記事はきっとあなたの役に立つと思います。毎日私の中で美容情報が更新されていきますので、最新で的確な内容を伝えられたらと思っています。