平行二重って知ってる?普通の二重と違うの?施術方法も違う?

平行二重ってご存じですか?

二重って2種類あるのです。平行二重と末広二重

平行二重は、まぶたの折り目が目の上部輪郭と平行になっています。外国人に多いですね。

末広二重は、まぶたの折り目が目頭側にくっついていて、目尻は離れているものです。

女性の憧れ、くっきり、ぱっちり二重は平行二重ですね。ただ、日本人に平行二重は少ないので、人工的に作る人も多いです。

アイプチとか流行っていましたよね。美容整形でも施術がありますよ。少し値は張りますが、医療行為だからこそ持ちは違いますね。

今回は、平行二重の施術がどのようなものか、メリット・デメリットについてご紹介したいと思います。

平行二重はどんな施術でつくる?

施術方法は大きく分けて次の3つ。

  • 埋没法
  • 小切開
  • 全切開

埋没法は、切らない施術で身体に負担が少なく、仕上がりも自然になりやすい傾向があります。施術時間は10分。

小切開法は、まぶたを1~2cm切開し自然な二重をつくります。効果は半永久的です。施術時間は30分。

全切開法は、まぶたの端から端まで3~4cm切開し、必要に応じて余分な脂肪を取ったり、まぶたの中の構造を変えるので、分厚いまぶたの人でも二重をつくることが可能です。施術時間は60分。

どの施術方法があなたに合うか見極めてから挑戦すると良いでしょう。

平行二重施術がおすすめな人

3つの施術方法ごとにそれぞれご紹介します。

埋没法がおすすめな人

  • メスを身体に入れるのは抵抗がある人
  • 短時間、手軽に二重を手に入れたい人
  • 自然な二重を手に入れたい人
  • ダウンタイムが短い方が良い人

埋没法は、細い糸で皮膚を留めるだけで二重がつくれるので10分で終わり、身体に負担が少ないです。

傷も残らないので、気軽にチャレンジできる施術と言えます。

小切開法がおすすめな人

  • 半永久的な効果を得たい人
  • 埋没法よりも戻りにくい二重を手に入れたい人
  • 何度も病院に通いたくない人
  • 傷を大きく残したくない人
  • まぶたが厚くない人

何度もお金をかけたくなく、少し切開するだけなら抵抗がないという人には小切開法が合うでしょう。埋没法はしばらくすると戻ってしまい繰り返し施術が必要なのでオススメできません。

また、まぶたに脂肪が多い、たるみがひどい場合は大切開法が必要ですが、そうでなければ小切開法がベストの選択となります。

全切開法がおすすめな人

  • まぶたが厚めの人
  • まぶたのたるみなど他のトラブルで悩んでいる人
  • くっきり二重を半永久的に手に入れたい人
  • 幅の広い二重にしたい人

埋没法、小切開法で二重が作れない人のための施術です。埋没法と小切開法で行うのが通常です。

しっかりまぶたを切開する分、よりくっきりした二重にすることはできます。

平行二重施術がおすすめではない人

3つの施術方法ごとにそれぞれご紹介します。

埋没法がおすすめではない人

  • 半永久的な効果を得たい人
  • くっきり、はっきりした二重になりたい人

埋没法は糸を留める施術で、時間が経つと取れたり、元のまぶたにもどることがあります。

また自然な仕上がりのため、目がすごく強調されるということはありません。

小切開法がおすすめではない人

  • メスを入れたくない人
  • ダウンタイムを感じたくない人
  • もとのまぶたに戻すことを考えている人

切開部分は少しですが、ダウンタイムは約2週間ほどあります。また、切開跡も残ります

全切開法がおすすめではない人

  • まぶたの構造を変えたくない人
  • もとのまぶたに戻すことを考えている人
  • 顔に傷を残したくない人
  • 高額、時間をかけられない人

施術後、元のまぶたには戻せません。後悔しないように医師としっかりカウンセリングが必要です。

全切開法>小切開法>埋没法と、値段も時間も大きくなります。効果とリスクを比較してよいプランを選択しましょう。

平行二重施術のメリット

埋没法メリット

  • 傷が残らない
  • 自然な二重になれる
  • 施術時間が短い
  • 値段も手ごろ
  • 未成年でもできる(親の同意書必要)

小切開法メリット

  • 効果は半永久的
  • 切開傷を小さくしたい

全切開法メリット

  • まぶたの構造も変えられる
  • まぶたの厚い人も受けられる
  • くっきり二重を手に入れられる
  • 効果は半永久的

平行二重施術のデメリット

埋没法デメリット

  • しばらくすると元に戻る
  • 腫れ、内出血、鈍痛はある

小切開法デメリット

  • もとのまぶたに戻らない
  • 傷が残る

全切開法デメリット

  • もとのまぶたに戻らない
  • 大きい傷が残る
  • ダウンタイムが長い

平行二重施術の流れ

今回は一番選択される「小切開法」の施術の流れを紹介します。

洗顔

施術前にメイクを落とします。

写真撮影

術前と術後の違いを見るために撮ります。

マーキング

施術の位置を顔にマークします。

表面麻酔→局所麻酔→消毒

目薬タイプの麻酔をしてから、注射で局所麻酔を打ち、目元全体を消毒します。

施術

両目合わせて縫合までで30分ほどかかります。

帰宅

メイクは抜歯後までNG。

平行二重施術の費用面

費用(両目)
埋没法 ¥90,700(1年保証)
小切開法 ¥212,800
全切開法 ¥298,000

引用:TOKYO ISEA

クリニックによって差がありますが、全切開法>小切開法>埋没法で料金が高くなっていきます。

埋没法は保証期間が長くなっても料金が上がりますし、一時的な施術なので持続には数回受ける必要があります。

自分に合ったプランを見極めましょう。

まとめ

平行二重の施術は複数あり、一重→平行二重、末広二重→平行二重、どの状態でも施術可能です。

アイプチはじぶんで出来て手ごろですが、毎日行うと肌に負担がかかりますし不自然になりがちです。

メイクテクニックでも満足いかず、どうしても二重になりたいという場合は検討してみてはいかがでしょうか。

ただし、納得してから後悔のないようにしましょうね!

お得なクーポンチェックできるiOSアプリダウンロードはこちらから↓

ABOUTこの記事をかいた人

日本化粧品検定1級 ~某化粧品メーカーの美容部員。メーカーオリジナルの下記資格と研修を受講済~ ・フェイシャルマッサージ資格取得済 ・スキンケアアドバイザー研修受講済 ・カラー研修受講済 ・メイクアップ研修受講済 私はスキンケアが大好きです。1日も怠ったことはありません。 「お顔の作りは人相を表し、お肌の状態はその人の生活を表す」と言われます。いくらメイクでめかしこんでも、お肌が汚いと本質がバレてしまうなんて残念すぎますよね? でも、毎日のスキンケアは即効性がなくコツコツ続けなければなりません。1日怠れば3日老けると言われます。結構、根気がいるんです。 お金も時間もかかるけれど、美を保つためなら努力を惜しまない!そんな人間です。 女性なら誰しもずっと美しくいたいと願うものです。しかし、毎日のストレスや加齢によって美に悩む人は後を絶ちません。 そんな皆さんが美しくなるためのお手伝いができればと思っております。特にスキンケアについて語れることが多いです。 お肌は、目や歯と同じ一生もの。正しいケアと正しい知識を身につけて、一緒に綺麗を続けていきましょう。