脱毛にはどんな種類がある?脱毛方法の違いをご紹介!

脱毛にはいろいろな種類があり、種類ごとに脱毛の方法は異なります。どの方法が向いているかは人それぞれなので、メリットとデメリットを見比べて自分に合うものをみつけましょう。今回はレーザー・光・ニードル・ワックスの脱毛についてご紹介します。ぜひ参考にしてください。

レーザー脱毛

レーザー脱毛とは医療機関でおこなわれる脱毛のことで、医療用のレーザーを使用します。単一波長のレーザーを用いて毛母細胞を破壊し、毛が生えてこないようにすることができます。

レーザー脱毛のメリット

・医療従事者がおこなうので安心
・脱毛効果が高い

レーザー脱毛を取り扱うのは医療機関のみなので、施術は医師か看護師によっておこなわれます。医療機関の施術だと肌にトラブルが起きた場合にすぐ相談できて安心です。

照射するレーザーの出力が高く、脱毛効果が高いというメリットもあります。毛の周期に合わせて脱毛をおこなうと、平均して5~6回で毛が生えてこなくなるでしょう。永久脱毛できるのはレーザー脱毛ならではです。

レーザー脱毛のデメリット

・痛みを感じやすい
・費用が高い

レーザーの出力が高いので痛みを感じやすいデメリットがあります。クリニックによってはクリーム麻酔を施してくれるところもあるため、痛みが不安な場合は相談してみましょう。

医療機関でおこなう施術は効果が高いので、費用が比較的高いのもデメリットです。ただし効果はしっかり現れるため、費用よりも効果に焦点を当てている人にはおすすめといえます。

光脱毛

光脱毛にはIPLとSSCの2種類方式があります。IPLはメラニンに刺激を与えて脱毛を促し、SSCは抑毛効果のあるジェルを塗り毛の成長を抑えるという点がそれぞれ異なります。どちらも医療機関ではなくサロンで採用されている方式で、永久に脱毛できるわけではありません。

光脱毛のメリット

・痛みを感じにくい
・費用が安い

光脱毛はレーザー脱毛よりも照射の出力が弱いので、痛みを感じにくいでしょう。美肌効果がある場合もあり、毛が薄いきれいな肌を手に入れることができます。

費用は比較的安く、サロンには通いやすいでしょう。さまざまなキャンペーンをおこなっているので気軽に挑戦しやすいです。

光脱毛のデメリット

・永久脱毛ではない
・効果が出るのに時間がかかる

光脱毛は減毛を目指すものであり、毛をなくすことはできません。照射をすれば毛は薄くなりますが永久脱毛ではないことを理解しておきましょう。

出力が弱いので効果が出るのには時間がかかります。毛の周期に合わせて2~3か月に一度サロンへ通わなければならず、施術をおこなう回数は平均して10~15回ほどです。

ニードル脱毛

ニードル脱毛は毛穴に直接針をさし込み、電流を流して毛母細胞を破壊する脱毛方法です。光脱毛が誕生する前は一般的におこなわれていた方法で、永久的に毛を生えなくすることができます。

ニードル脱毛のメリット

・永久脱毛できる
・歴史がある

ニードル脱毛は毛穴1本ずつに電気を流していくので、確実に毛母細胞の破壊が可能です。19世紀の終わりごろからおこなわれている方法で効果が実証されている点もポイントといえます。

ニードル脱毛のデメリット

・痛みを伴う
・時間がかかる

永久脱毛は可能ですが電気を流すため痛みを伴い、レーザー脱毛よりも痛みは強いといわれています。毛穴1本ずつに電気を流していくのでかなりの時間を要することがマイナスです。

ワックス脱毛

ワックス脱毛は肌にワックスを塗り、毛根からムダ毛を引き抜きます。再び毛が生えてくることを前提とした方法なので、他の脱毛とは使用目的が異なります。

ワックス脱毛のメリット

・産毛まで処理できる
・一気にきれいになる

ワックス脱毛は光を照射する脱毛とは違い、ワックスを塗ったすべての部分の毛を抜くことができます。通常の毛だけでなく、産毛まで処理が可能なので自信を持って肌をみせられるでしょう。一気に肌がツルツルになるため、肌を見せる機会がある直前でも対応可能です。

ワックス脱毛のデメリット

・剥がすときに刺激がある
・痛みを感じやすい

ワックスを塗った部分にシートを貼り付けて剥がすため、肌に刺激を感じるデメリットがあります。ワックス自体はオーガニックで肌に優しいですが、剥がし方を誤ると肌を傷めるので気をつけましょう。

剥がすときは痛みを感じやすいです。皮膚が付いてこないように勢いよく剥がすのがポイントです。

自分に合う脱毛方法を選ぼう

脱毛の種類はレーザー・光・ニードル・ワックスとさまざまで、それぞれにメリットとデメリットがあるのでどの方法を選ぶかは自分次第です。痛みに弱い場合は光脱毛、早く脱毛を終わらせたい場合はレーザー脱毛、肌を出す予定が直前の場合はワックス脱毛がおすすめとなります。

費用・時間・痛み・効果の何を優先させるかによって選ぶ脱毛方法は異なるので、目的に合わせたものを選んでください。自分に合う方法を選ぶのが一番です。

ABOUTこの記事をかいた人

石油系界面活性剤や合成防腐剤が入っていない化粧品を選ぶように意識しています。「余計なものは塗らない」がモットーなので、スキンケアもシンプルに。ワセリンが大好きです。 肌本来の働きを維持できるよう、高い基礎化粧品に頼るのではなく質の高い睡眠・バランスのよい食事・適度な運動を心がけています。 健康なお肌と髪を保つためには美容に関する正しい知識を持つことが大切です。間違った情報に振り回されないように、正しい知識を身につけていきましょう。