あなたに似合う色は何色?パーソナルカラーで自分色を見つけよう!

 

人によって瞳の色や髪の色は違いますよね?パーソナルカラーとは、自分が一番似合う色のことを意味します。パーソナルカラーとは産まれ持った肌の色や髪の色などで決まるため、自分がどのタイプか分かれば一生変わることはありません。

自分に似合った色が分かると、自信がつく、おしゃれが楽しくなるといった利点もあります。今回は自分のパーソナルカラーを見つけて、似合う色を楽しむ方法を紹介します。

 

パーソナルカラーとは?

その人が一番似合う色は何色なのか見つけることを、パーソナルカラーと呼びます。

同じ日本人でも、髪の色が真っ黒な人もいればブラウン気味の人方もいますよね?白い肌の人もいれば黄色みのある人もいます。人によって似合う色は異なりますが、赤や青が合わないといった組み合わせではなく、どのような赤が似合うのか見つけていくのがパーソナルカラーなのです。パーソナルカラーは基本的に一生変わらないので、年齢を重ねるほど実感できます。

 

パーソナルカラーは春夏秋冬の4つのタイプに分けられる

パーソナルカラーの基本は、2つのベースカラーを理解することが大切です。ベースカラーは「イエローベース」と「ブルーベース」に分かれていますので、どちらに当てはまるのかチェックします。イエローベースは肌の色が黄色く日本人に多いとされていて、ブルーベースは肌が青白く白人にみられます。ベースカラーを把握したら、さらに明るさ、華やかさ、クリア、ソフトで判断して4つのグループに分けていきます。簡易的には春夏秋冬で表されています。

イエローベースは「春」と「秋」が当てはまり、ブルーベースは「夏」「冬」に分類されます。

 

パーソナルカラーの診断方法

最も簡易的な診断として、腕の裏に見える血管で判別する方法があります。イエローベースは血管が緑に見える傾向があり、ブルーベースは血管の色が青や紫色に見えます。

もう少し精度を高く、かつ無料で診断をしたい場合はアプリ、miraでも簡単に診断ができますよ!

まだダウンロードしてなかったらしてみて下さいね♪

自己診断だけ迷う方はプロの方に依頼する方法もあります。診断に費用はかかりますが、カラードレープと呼ばれる布を使い判断していきます。カラードレープは100種類あり、カラーアナリストが在中しているお店でチェックできます。

 

なぜ自分に似合うパーソナルカラーを見つけた方が良いの?

10代は何でも似合っていたのに30代になって色が合わせにくくなってきた方、第一印象を良く見せたい人は、自分のパーソナルカラーをすぐに見つけるべきでしょう。パーソナルカラーを見つけることで肌がきれいに見えるといった実感がわきます。個性が出せるので買い物の失敗がなくなったり、自分に自信がついた人も。ポジティブな面ばかりですね。

 

タイプ別にみるパーソナルカラーの特徴や活用法

春夏秋冬別によって似合うカラーも違うので参考にしてみてください。

 

明るく華やかな春タイプ

4つのタイプの中で年齢よりも若くみられる春タイプ。

 

肌の色:黄みを帯びた肌。透明感はありますが日焼けをすると茶色になります。

髪の色:髪はクセ毛で細いため、カラーは染まりやすく明るいカラーが似合います。

肌の色:瞳の色:目は明るいブラウン

唇や頬の色:オレンジ系の色をしています。

似合う色:柔らかい色を選ぶと顔色が明るくなるので、パステルカラー、ホワイト、ピンク、ミントグリーンといったカラーをチョイスするといいですよ。アイラインはブラウンを選んでみて。コーラルピンクのリップは温かみがあるのでおすすめです。

 

くすんだカラーが似合う夏タイプ

日本人に多いとされる夏タイプ。

肌の色: 青白い肌。日焼けをすると赤くなります。

髪の色:暗めで黒い髪質をしています。髪は痛みにくいのですがカラーは入りにくい傾向があります。

瞳の色:黒目が多い

唇や頬の色:くすみがちなローズ系

似合う色:くすみのあるカラーをチョイスするといいでしょう。肌の透明感が際立つためグレー、スモークピンク、水色が似合います。アイシャドウは青みがあるパープルをチョイスすると肌が白く際立ちますよ。リップもくすみのあるカラーを選択して色を抑えると女性らしさがでます。

 

重みのある深い色が似合う秋タイプ

落ち着いた雰囲気がある半面、ゴージャス感も兼ねそろえたタイプです。

 

肌の色:濃い肌色。オークール30を選ぶ方も。

髪の色:ダークブラウンかグラックですが、髪は傷みやすくカラーもぬけやすい傾向が。

瞳の色:ダークブラウン

唇や頬の色:くすみのあるオレンジ色

似合う色:オレンジが最も似合いますが、他にワインレッド、ブラウン、黄色、カーキといったカラーも華やかに見えます。ゴールドも似合いエレガントに見えますので、ワンポイントに取り入れてみてください。

 

はっきりとしたカラーが似合う冬タイプ

ビビットカラーを使うと第一印象が良くなるタイプです。

 

肌の色:透けるような肌をしていて白雪姫のよう

髪の色:ツヤのある黒でコシとハリがある髪質。カラーをしても染まりにくいでしょう。

瞳の色:目力がある黒目

唇や頬の色:青みがあるピンク

似合う色:はっきりとした色合いが似合い色に負けることがありません。ブルーやレッド、白や黒にも動じないのでモノトーンも着こなせます。赤リップが似合うので、マットでツヤなしのリップを選んでみて。シルバーも似合うので、アクセサリーを統一すると存在感がでますよ。

 

まとめ

今回は簡易的に4種類のパーソナルカラーについて紹介しました。

自分のパーソナルカラーを知らないままだと、疲れた印象を与えたり、クマやくすみが目立ったりといったイメージを与えます。本格的な診断をしようとすると費用はかかりますが、無料で診断できるアプリもあるので複数診断すると効果的です。おしゃれを楽しむためにはカラー選びは基本中の基本ですが、似合う色を見つけたら個性が出せるようにセンスを磨く努力も忘れないでくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です