W不倫が終わるキッカケ8選Part1

今や不倫もW不倫が流行っており、男女ともに配偶者を裏切る行為が増えています。家族とは違い、いつまでも異性を意識して付き合っていられるW不倫。双方が不倫しているため、一見リスクは低いように感じますが、むしろW不倫はダブルなだけにリスクもダブルだと言えます。そこでここではW不倫が終わるキッカケ8選Part1等の情報を見ていきます。

不毛さと虚しさに気付く

W不倫が終わるキッカケは自ら不倫の不毛さや虚しさに気付くことです。W不倫ではない場合、不倫の不毛さを感じても中々簡単に別れることは出来ませんが、W不倫の場合、どちらも既婚者ということもあり、別れ話がこじれることは少ないでしょう。

そのため、どちらか一方が不毛さや虚しさに気付けばW不倫は簡単に終わることが出来ます。

不倫相手の浮気

W不倫だからといって、どちらかの更なる浮気が心配ではないということはありません。そもそも不貞行為を何とも思わずにするタイプの人種ですので、妻や不倫相手以外にも複数人と関係を持っていても不思議はありません。

浮気の上に浮気を重ねる相手では流石に信用出来ないというところが本音でしょう。こうした相手とは早々に破局を迎えます。

転職や転勤

不倫相手のどちらかが、仕事の都合で転職や転勤など、物理的に距離が出来てしまうと不倫が終わってしまう可能性は高いと言えます。また、女性側は自分ではなくても夫の転職や転勤も関係してきます。

そもそも不倫やW不倫のキッカケで多いのは、男性の単身赴任です。単身赴任が終了すれば、自然とW不倫も解消されていきます。

子供にバレそうになる

不倫がバレて一番ダメージが大きいのは子供にバレることでしょう。通常は子供にW不倫の事実がバレるのは大抵配偶者にバレた後が多いことでしょう。ですが、会う場所が自宅やその近隣であった場合、先に子供にバレてしまうことも珍しいことではありません。

子供はこうしたことに意外と敏感ですので、ハッキリとは認識できなかったにせよ、何かモヤモヤを感じてしまうでしょう。W不倫の場合、子供にバレそうになると女性の方がいち早く別れを選択する傾向があります。