あなたはワガママを言い過ぎていない?別れの原因にもなる要注意な言動

カップルでいるという安心感から、つい彼氏に対してワガママを言いすぎていませんか。いくらあなたのことが好きでも、彼氏もどこまでも受け止めてくれるわけではないのです。大好きな彼に見捨てられてしまう前に、日頃の自分の言動を振り返ってみるように心がけましょう。

あなたの言っていることがコロコロ変わる

デート先でどこに行こうかとなった時、1度は「今日は映画を楽しもう」と言い出し、彼がチケットを購入してくれたとしましょう。でも、気まぐれなあなたは、つい正直な気持ちが言葉にでてしまって「やっぱりショッピングを楽しもう!」なんて言っていませんか?

今まで映画デートの予定で話が進んでいたのに、急にショッピングがしたいだなんて、彼氏もビックリです。さらにチケットを払い戻しに映画館まで足を運んだり、買い物袋を持たされたりしたなら、いくらあなたが魅力的でも、気持ちが冷めてしまうかもしれません。

どんなことにも自分の意見がない

「何が食べたい?」や「どこに行きたい?」と彼氏が気を遣って聞いても、あなたがいつも「どっちでもいい」と言っているのであれば、要注意です。自分の意見だけを押し通すことも問題ですが、自分の意見がなく相手任せというのも、彼氏を困らせてしまいます。

せめて、食べたいものを聞かれたら「和食がいいな」とか、どこに行きたいのかを聞かれたら「今日は落ち着く場所がいいな」と、ある程度の自分考えを伝える努力はしましょう。彼氏ばかりが決めていては彼氏の負担が大きくなるだけではなく、あなたの主張のなさに呆れられてしまうかもしれませんよ。

ちょっとしたことでイライラする

レジにお客さんが並んでいて会計までに時間がかかる時。彼氏がたまたまあなたの言葉を聞き逃した時。彼氏があなたとのデートを仕事でキャンセルしなければならなくなった時。

どれも愉快なことではないですが、この程度でイライラしてしまうのもどうでしょうか。この程度であなたがイライラするようであれば、自分の思い通りに物事が進まないと怒るタイプで、とても身勝手だという印象を彼氏に与えてしまうでしょう。もう少し大人な対応ができるようにする必要がありそうです。