本当に付き合っているかどうかを男性が確かめたくなる時とは?

間違いなく付き合っているのにも関わらず、彼女の言動で本当に交際しているのかどうか不安になってしまう男性は少なくありません。男性がそう感じる時、あなたは一体どんなことで相手を不安にさせているのでしょうか。男性がずっと不安を抱えていると最悪の場合、別れに至ることも・・・・。そこでここでは本当に付き合っているかどうかを男性が確かめたくなる時を見ていきます。

愛の言葉をあまり口にしない

男性が本当に付き合っているのか確かめたくなる時は、女性が男性に「愛している」、「好き」といった好意を示してくれない場合です。こうしたケースでは、男性側は充分過ぎる愛情表現をしている場合が多いといえます。

そのため、男性は大きな温度差を感じてしまい不安になるわけです。出来れば彼氏がくれる愛情と同程度の愛情表現はしてあげましょう。愛情表現は恋愛において非常に重要なファクターと言えます。「恥ずかしい」、「面倒」といった理由はあるかも知れませんが、別れるといった最悪のケースにならないように気をつけて下さい。

相談ごとをしない

交際している場合は、悩みごとなど何でも話し合えるパートナーシップが理想的といえるので、彼女が何も打ち明けず、悩みなども一切相談しないとなると彼氏は距離を感じてしまい愛されている実感がわきません。あなたは心配はかけたくないというような気遣いをしているかも知れませんが、彼氏の方は”疎外感”しか感じません。

それ以上に「頼りがいがないと思われている」と思い悩んでしまうケースも出てきます。その上、彼氏には相談事をしないのに、他の人にはしているとなると正に付き合っているのかどうか疑問に感じることは仕方がないことといえます。

何か特別な理由がない限り、より良い関係性を築くためにも彼氏には何でも打ち明けて、何でも相談するようにしましょう。

メールやLINEが送られてこない

男性が付き合っているのかどうか不安になる彼女の行動は、彼女の方からメールやLINEがこないという場合です。返事はあるものの、積極的に連絡はくれないという場合に強い不安を覚えます。

連絡は男性主導になるケースが多いですが、変な勘繰りをされないためにも、せめて彼からくるメールやLINEの半分の回数でもいいので連絡をしてあげましょう。