体調の悪い彼氏が彼女にして欲しいこととは何?

病気の時や、体調が悪い時などは、誰でもが人恋しくなるもの。特に1人暮らしの場合は日常生活にも支障をきたしてしまいますので、人の助けも欲しくなります。そんな不安な気持ちの時に、彼女がお見舞いにきて色々と世話をやいてくれれば頼もしい上に大きな喜びを感じます。そこでここでは彼氏が体調の悪い時に彼女にして欲しいことを見ていくことにします。

買い物に行ってあげよう

薬や、冷却シート、マスクや病人用の食べ物など、病気の状態では買いに行けないものは多いもの。お見舞いに向かうのであれば、事前に欲しいものはないか訊いておき、買い物をしていってあげるのが理想的です。

差し入れも持っていく

頼まれた買い物の他に、自分なりに考えた差し入れを持って行ってあげるのはよりベストな選択です。ちょっと多いかなというほど買っていくと、彼氏にとっても便利なことこの上ありません。

ゼリーやヨーグルト、調理しなくても食べられるパン類、スポーツドリンクなど気の利いたものを買っていきましょう。

体に優しい料理を作ってあげる

男性が彼女にしてもらって嬉しいことは、何といっても食事を作ってくれることでしょう。何もない時でも男性は彼女の手料理に喜びますが、病気の時はひとしおです。

病気ですので、お粥や雑炊、うどんなど消化によく食べやすいものを作るのがベストです。出来れば、食べさせてあげれば更に好意がアップします。

身体を拭いて着替えさせてあげる

病気の時は汗をかいたりしても、シャワーやお風呂に入ることはできません。しかし、汗をかいたまま放置しておくと、余計に病状が悪くなります。

そこで身体をぬるいお湯などで軽く拭いてあげ、寝巻きを着替えさせてあげましょう。男性もすっきりして病状も良くなってきます。

傍にいてあげる

病気の時は心細いので、ずっと傍にいて欲しいもの。寝てしまった時も、冷却材を変えたり、団扇で軽く仰いでくれたりすると何とも嬉しいものです。しかも、苦しい中、目覚めた時に彼女が笑顔で迎えてくれれば最高です。