まだ大学生の女性が年上の社会人男性から好かれるには?

まだ大学生の女性にとっては社会人の彼氏と言うのは憧れですよね。同じ大学生や年齢が近い相手だと、何となく幼く感じてしまう人もいるでしょうし、実際のところ社会人の男性よりは未熟だと言えるでしょう。特に周囲に社会人男性の彼氏と付き合っている友人などがいるとより羨ましくなってきます。そこでここではまだ大学生の女性が年上の社会人男性に気をもってもらうには?という情報を見ていくことにします。

無理して背伸びをしない

年上で社会人の男性と付き合いたいと考える女性は、ついつい背伸びをして相手の世界に近付こうとしてしまいます。ですが、それでは社会人男性は年下女性と付き合う意味がありません。

また、背伸びをしていては、社会人男性にとって新鮮さを感じさせることも出来ません。年下女性には年下女性の良さがあるのですから、無理はせずに自然体でいましょう。

よく相談を持ち掛ける

男性は年上でも年下でも「頼られること」を好むものです。特に年下の女性から相談を持ち掛けれれば嬉しくなるでしょう。最初はそれほど深刻な問題ではなく、簡単な相談をするようにしましょう。家族のことや人間関係、アルバイトのことなど日常の些細なところが理想的です。

そうしていく内に、恋の悩みなど深い相談するようにしましょう。特に恋愛の悩みは、相談から交際に発展するケースが極めて多いので何回も相談するようにしましょう。

若くても常識的に

社会人男性や年上男性は、社会でもまれてシッカリ常識を身に着けています。若いからと非常識な振る舞いなどを見せてしまえば、相手の男性はガッカリするでしょうし、付き合おうという気はおきないものです。

社会人である程度年齢がいっている男性であれば、女性と付き合う際に「結婚」も意識しますので、結婚後に色々な付き合いの中で常識がないというのでは困るので、年下なりに常識的な考え方をシッカリ持つようにしましょう。

母性本能をアピールする

いくら社会人男性、年上男性と言っても常に気を張っているのは辛いものです。そんな時、彼女や奥さんがいれば甘えたい気持ちになるのは当然のことです。こんな時に年上の男性でも甘えさせてくれるような女性を男性は求めるものです。

そこで、年下ながらも自分は母性本能が強いとアピールしましょう。もちろん、実際に人を癒せる女性になっていかなければすぐに化けの皮がはがれますので、他者を思い遣れる人になれるように努力していきましょう。

毛穴が無いように見せてくれる、無色のファンデ。期間限定のお得情報♪[PR]
まだ間に合う!お年玉キャンペーン!✨