言葉以外で男性に好きという気持ちを伝える方法とは?

好きな人が出来れば「好き」という気持ちを伝えたいと思うものですね。しかし、好きな人を前にして中々好きと伝えるのはハードルが高いもの。しかも、もしフラれたらと思うと怖くて告白なんか出来ないという人も多いことでしょう。そこでここでは言葉以外で男性に好きという気持ちを伝える方法を見ていくことにします。

常に笑顔で接する

とにもかくにも好きという言葉を使わず気持ちを伝えるには、笑顔が重要です。しかも、「好きな人に向ける笑顔」は”嬉しい”という気持ちを乗せましょう。注意すべきは誰にでもその笑顔を向けてはダメです。カレだけが特別でなければなりません。

目線を送る

目線を送っていれば、いつかは目が合います。視線が合う回数が多ければ、カレも気になってくるはず。それだけ見つめていればカレは「もしかして自分のことが好きなのかな」と気付くでしょう。ただ、目線があった時、あまりジッと見つめると気持ち悪いと思わせてしまう可能性もあるので目線があったらゆっくり逸らしましょう。

食事や飲みに誘う

食事や飲みに誘うのも効果的ですね。誘うだけなら「好き」と言わなくて済みます。ですが、何度か誘う内に、きっとカレはあなたの思いに気付いてくるでしょう。食事や飲みに行けば自然と仲良くなれますので、カレからの告白もあるかも知れませんね。

話しの内容にプライベートを織り交ぜる

好きと言わずに相手に思いを伝えるには、話しの際にプライベートなことを織り交ぜると効果的です。カレに関する質問をして色々なことを知るようにしましょう。プライベートなことを色々訊いていればカレは「気があるのかな」と察してくれます。

カレへの質問だけでなく、時々は自分のプライベートな話しもしましょう。

カレのために何か手助けする

同じ職場や同じ学校であった場合、カレが何か困っていたりしたら手助けしてあげると効果的です。誰でも自分のために他者が動いてくれれば嬉しいものですし、好意も感じます。

自分に興味が無かったり、自分を嫌いな人はそんなことをしてくれないと男性は思うので、何かをしてあげることは「好き」という気持ちを伝えることと近いものがあります。ただ、こうした場合に見返りを求めるのはNGです。