ちょっと怖い…久しぶりのエッチで注意すべきこと3つ

「彼と久しぶりにエッチするけど、ちょっと怖い…」そんな悩みをお持ちじゃありませんか?

いくら脱処女であっても、久しくしていないとやはり、久しぶりのセックスはちょっと怖いですよね。

そんな皆さんに向けて今回は、しばらくぶりのセックスをする前に抑えておきたい注意点3つについてご紹介していきます!

前戯は長めに

久しぶりのセックスとなると、やはり挿れる時の痛さが不安で仕方ないですよね。

いくら脱処女であっても、しばらくぶりだと挿れる時痛いのは事実。

ですので、愛液で十分に濡らし少しでも痛みを緩和するため、前戯を長めにとることが必要となってきます。

久しぶりなことを彼に伝える

皆さんが意識するだけでなく、彼に久しぶりだということを伝えることも大切です。

自分ひとりが気をつけたところで彼が理解できていなければ、彼のペースで進んでしまうこともあり得るので全くもって意味がありません。

彼にも理解してもらえるよう、久しぶりなことやしっかりと濡らしてからにしてほしいという旨を伝えておきましょう。

焦らず頑張りすぎない

皆さんの中には、激痛を堪えながらなんとか彼の期待に応えようとする方もいるでしょう。

確かに、彼のためだけで考えればそれが理想なのかもしれませんが、皆さんにとってセックス自体が苦痛なものと認識してしまう可能性も否めません。

セックスは2人の愛情表現の場でもありますから、将来的にもお互い苦痛のないセックスが求められます。

「彼のため」と頑張りすぎず、リラックスしてセックスに臨みましょう。

まとめ:久しぶりのセックスは濡らすことを意識しよう

久しぶりのセックスは、挿れることを目的とせず十分に濡らすことを目的としましょう。

  • 前戯を長めにとる
  • 久しぶりなことを彼に伝える
  • 焦らず頑張りすぎない

上に今回のおさらいを載せておきましたが、いずれも久しぶりなセックスをする上で重要となるポイントです。

これからしばらくぶりのセックスをする方はしっかりと抑えておきましょう。

miraではこのようなコンテンツも多く配信していますので、ぜひオリジナルサイトでもご覧になってくださいね!