〇〇な人はやめとけ!セフレ作りに向かない女性の3つの特徴とは

女性であっても、時には体の関係を求めてしまう時期もありますよね。

でも、セフレを作るのはちょっと待った!セフレとの関係には、向いている人と向いていない人が存在します。

向いていなければ、使ったこと自体を後悔することも。では、一体どんな人がセフレ作りに向いていないのか、一緒にみていきましょう!

惚れやすい人

セフレ作りが向かない人の特徴のひとつとして、惚れやすいというものがあげられます。

セフレから恋愛関係に発展するケースは少なく、どちらかが求めてももう片方は体しか興味を持ってくれていないというのがありがちなパターン。

「自分って惚れやすいかも」という方は、もう一度考え直してみた方がよさそうです。

自分に自信がない人

自分に自信がない人というのも、セフレ作りに向かない人の特徴です。

自信がない人というのは比較的ネガティブな思考に陥りやすいため、セフレという関係性に罪悪感を覚えてしまいやすいのです。

当然、罪悪感が残るとセフレの関係を続けるのも難しくなってくるので、中途半端に終わってしまうよりかは初めからセフレを作らないという選択をとった方が良いのではないでしょうか。

日々の生活が充実していない

趣味を始めとする自分の好きなことがそもそもない、時間を持て余しているという方はセフレの相手に依存しやすい傾向にあります。

最初は体の関係として留められていても、終いには体の関係以上の関係を求めてしまうのがオチ。

日々の生活の中で没頭しているものがないという方は、セフレを作るのはやめておいた方がいいかもしれません。

まとめ:セフレが無理なら真っ当な関係を築ける相手を探してみよう!

まとめに入りますが、今回ご紹介したように、以下のようなタイプの女性はセフレ作りにはやや不向きと言えます。

  • 惚れやすい
  • 自信がない
  • 生活が充実していない

セフレ作り向いてなさそうと感じた皆さんは、将来をしっかりと考えられるような真っ当な相手を探してみるといいかも!