肌荒れの夢の意味・3選

肌が荒れた夢、美容を意識している皆さんならあまり見たくない夢だと思いますが、いったいどんな意味が隠されているのでしょう。

本当に肌が荒れる前兆?それとも他に隠された意味が…?

今回は、肌荒れする夢に隠された意味についてパターン別にご紹介していきます。

ニキビができる夢

お肌にニキビができる夢には、対人関係におけるストレスを意味しています。

ニキビは大人になった今でもできますし、なかなか治らない上に跡が残ることもあるので、とにかく面倒なヤツです。

そんな鬱陶しくもなかなか解決できない対人関係におけるストレスが、ニキビとして表れてしまっているようです。

顔の肌荒れの夢

顔中がとにかく荒れだす夢は、「人と会いたくない」というあなたの気持ちの表れたもの。

このご時世ですから、感染したくないという思いで会いたくないという強い気持ちが表れていることもしばしば。

ただ、対人関係においてトラブルが起きることへの不信感を示していることもあるので、その可能性も考えられますね。

シミができる夢

シミやそばかすも、美容を意識している皆さんからしたら大敵そのもの。

そんなシミやそばかすが顔に出てくる夢は、コンプレックスに対する強い嫌悪感を意味しています。

皆さんにも、あんらかのコンプレックス等はあると思います。背が小さいこと、目立つホクロがあることなど、人によってコンプレックスに感じる対象はそれぞれ。

いずれにせよ、コンプレックスを強く気にしているのが夢となって表れてしまったことは間違いないようです。

まとめ:今抱えている問題に正面から向き合ってみよう!

肌荒れの基本的な意味としては、以下のものがあげられます。

  • 対人関係に対するストレス
  • 嫌悪感
  • 不信感

いずれも心が不安定な状態を示しています。「今思えば確かにそうだ」と思った方も多いのではないでしょうか。

肌荒れの夢を見た皆さんは、今抱えている問題に対し正面から向き合ってみるといいかもしれませんね。