恋愛心理学からみる「恋愛を長続きさせるコツ」

カップルになっても、その恋愛が長続きする人と、そうではない人がいます。もちろん価値観の差が大きすぎることに気づいたなど、ある程度付き合ってみなければ分からない部分もあるでしょう。けれど、恋愛が長続きしているカップルは、これからご紹介することを心がけています。恋愛心理学からみた「長続きするカップル」の特徴は、これです!

愛情表現をしっかりする

カップルになると、少しずつ愛情表現をすることが少なくなる傾向があります。「言わなくても伝わっているだろう」「今さら『愛してる』『大好きだよ』なんて言えない」という人も多いのではないでしょうか。

けれど、恋愛が長続きするカップルは、愛情表現をしっかりと示し、好きであることを相手に分かりやすく伝えます。また、相手がどのような愛情表現を好むのかについても、知っているのです。なので、愛情もしっかりと相手に伝わります。

相手を批判するような言葉を使わない

長続きするカップルに共通していえるのは、ケンカをした時の言葉遣いです。長くカップルでいるからといって、ケンカにならないということはありません。けれど、どんなに腹が立っても「ふたりの関係」を重視して、言葉を選んで自分の意見を主張するのです。

特に、相手を侮辱したり、批判したりするような言葉は避けます。うまく自分の気持ちを素直に伝えるように心がけているのです。カップルだからといってワガママを言っては良いとはいえません。ほんの一言でも相手を傷つけることもあるので、ケンカの時こそ、慎重に言葉を選んで相手に伝えるようにしましょう。

ふたりで楽しめることを積極的にする

カップルで共通の趣味があれば、一緒にいて心地が良く、楽しさも倍増するでしょう。また、どんどん新しいことに挑戦をして、ふたりで経験を積んでいくのです。これは、新しいことを始めると脳が刺激され、幸せな気持ちになるということは、脳のシステムとしても証明されています。