何となく重い彼氏に上手く「重い」と伝える方法

彼氏に「愛おしい」、「大事」と思われているのは決して悪いことではなく、非常に嬉しく幸せなことです。ですが、愛情が行き過ぎたり、愛情が空回りすると面倒で「重い」と感じてしまうものです。「重い」とは感じても、自分自身の愛情が変わるわけではありませんので、何とか「重い」ところを直して欲しいと思ってしまいますね。そこでここでは何となく重い彼氏に上手く重いと分かってもらう方法を見ていくことにします。

シッカリと愛情を伝える

彼氏が重くなる原因に、「愛情の温度差」があります。実際には、それほど双方の愛情に違いはないのですが、やはり自信がない彼氏は「愛されていないのではないか」とついつい重くなってしまいがちです。

そういう彼氏には普段から「愛している」ことをシッカリと伝えましょう。訊かれなくても、自分から日々愛情を伝えれば彼氏も自信が持つことが出来、重さも少しずつなくなっていくでしょう。

自分自身を律する

彼氏が重たくなる原因には、あなたの気まぐれにもあるかも知れません。例えば、メールやLINEなどの返事を待たせたり、既読スルーする、電話も出ない、折り返しもしないと言った気まぐれが不安を煽り、彼氏を重たくするのです。

もちろん、仕事や大事な要件ですぐに返事出来ないこともあるでしょうが、そういう場合はキチンと謝罪と理由を自分から伝えましょう。自分を律することで彼氏の不安も軽減されます。

自分の生活ペースを知ってもらう

あなた自身の生活ややりたいこと(趣味、仕事等)などもあるでしょうから、何もかもを彼氏に合わせるというのは辛いものがあるでしょう。そこで、彼氏に自分の生活ペースや、やりたいことなどをそれとなく彼氏に伝えましょう。

こうした話をする場合、まずは彼氏の生活ペースや、やりたいことを訊いてから自分の話をするようにします。こうした話は、なるべく何度も話して彼氏に理解させることが重要です。彼氏がそうした話を理解してくれれば、あなたの生活ペースに徐々に合わせてくれるようになるでしょう。

また、あなた生活のペースをつかむことが出来れば彼氏も安心出来るので重い束縛も減ってきます。