生理直後のセックスは要注意!気をつけたい3つのポイントとは

生理直後、彼とセックスをよくするという方も多くいますが、皆さんもそうですか?

安全日として知られる生理直後ですが、セックスをする際はいくつか注意しておくべき点があります。

今回は、一体どんなことに注意して彼と楽しめばいいのか、という点について解説していきたいと思います。

雑菌が入る可能性

生理中は、雑菌が繁殖しやすい時期でもあり、生理が終わった直後も多かれ少なかれ雑菌は残ってしまうもの。

残ってしまっている雑菌が彼の体の中に入ってしまうこともありますし、生理直後は未だデリケートな状態が続いているので、皆さんが性感染症に感染するというリスクも考えられます。

いずれの雑菌・感染症を予防するためにも生理直後のセックスは衛生面を考慮して避けておくのが賢明でしょう。

生理直後は血の汚れにも注意

生理が終わっても、血が膣内に残っていることがあるため、行為中シーツを汚してしまう可能性もあります。

彼の家のシーツとなると汚すのは申し訳ないですし、ご両親にバレた時の対処法がちょっと面倒…

愛撫程度でも愛液に血が混じることもあるので、血の汚れには十分注意しておきたいところ。

妊娠する可能性もゼロではない

生理直後は、排卵日周辺に比べて比較的妊娠しにくいと言われていますが、確かに妊娠の可能性として低めなのは事実。

ただ、必ずしも妊娠しないというわけではないので気の緩みには注意が必要です。

もし行為をする場合は、感染予防・避妊対策としてゴムを着用して彼とのセックスを楽しんでください。

まとめ:生理直後であっても気の緩みには注意すべし!

「生理が終わった、安全日だ!」といって、生理直後セックスをするのはあまりおすすめできません。

最後に、生理直後のセックスで抑えておきたい3つの注意点についておさらい!

  • 雑菌が入る可能性
  • 血の汚れ
  • 妊娠の可能性

今回ご紹介した注意点は、生理直後あまり慎重に考慮されない点でもあるので、皆さんしっかり抑えていってくださいね。