あなたの周りにいる?恋愛がうまく進まない「こじらせ男性」

女性も恥ずかしさなどから相手の言動をうまく受け止められなかったりしますが、男性にも同じようなタイプの人がいます。そのような男性のことは「こじらせ男性」と呼ばれている名前の通り、スムーズに恋愛がトントンと進んでいかないのが特徴です。では、こじらせ男性に共通する特徴はどのようなものでしょうか。

こじらせ男性はネガティブ思考

「どうせ俺になんて彼女ができるわけじゃない」「グループで遊んでいても、きっと俺を嫌っている人はいるはずだ」といったような、ネガティブ思考が強い男性が多いです。

ひどい場合は、ひとりで勝手に被害者妄想をして突っ走ってしまう重症なケースも。すべて、男性本人が「自分に対して自信がない」と思い込んでいるところから始まっています。けれど、これは周囲の人間だけではどうしようもできないこと。なので、恋愛に発展することも難しいのです。

女性の気持ちを理解できていない

男性と女性では恋愛に対する価値観が異なるケースが多いです。そのため、お互いが歩み寄って気持ちを察することが重要なのですが、こじらせ男性にとっては簡単なことではありません。

こじらせ男性の考え方ちしては、例えば「人気のレストランであれば並んででも食事をすることの意味が分からない」「女性の話に解決策をすぐに提案しても不満気だ」といったことが挙げられます。女性がどうしてほしいのか、察することが苦手なのかもしれません。

女性の気持ちを理解しようとしないので、どうして時間をかけてまで食事をするのか、解決策を知りたいから話をしているのだからアドバイスしているといったことに負担を感じてしまうのです。

女性へ求めるレベルがとても高い

こじらせ男性は、恋愛経験が少ない傾向があります。そのため、女性に対して過度な期待をしてしまっているのです。女性はみんな気配りができる、女性はみんなおしゃれが大好き、女性はみんな料理が上手で家庭的など。

そして、こじらせ男子自身が抱いた基準に満たない女性は、恋愛の対象外として接します。女性も人間。長所もあれば短所もあります。自分のこじらせ度合は放っておいて、女性には厳しいのが厄介なところです。