彼とのキスは相性がいい?見極めるポイントとは?

キスは恋人同士にとって愛情を表現する大切なスキンシップの1つですね。それだけにキスの相性がいいかどうかが気になるところです。しかし、相性のよいキスとはどんなものなのでしょうか。今回は彼とのキスは「相性」いい?見極めるポイントって?等の情報を見ていくことにします。

キスは遺伝子レベルで相手を選別できてしまう?

キスは「愛情表現」というだけでなく、「種の保存」という意味でも大切な行為と言われています。

男女ともに、キスをして唾液の交換をすると、自然と遺伝子レベルで合う相手、合わない相手を選別すると言われています。双方の遺伝子情報やDNAがマッチングすることで、正しい相手を本能的に見分けるのです。

女性は「より強い種を残せる男性」、男性は「自分の子孫を繁栄させる能力を持つ女性」をナチュラルに選別します。根本的には、この自然の感覚がキスの相性を決めると言っても過言ではありません。

香りがすごく好き、心地いい

臭いというものは人間の根源的なもので、最も記憶に残るものが臭いだと言われています。例え、相手の顔や声、感触などを忘れても香りだけは忘れません。

逆に言えば、それだけ重要な意味を持つ香りの面で相性が合わなければ、キスの相性も良くないと言えます。キスはこれ以上ないほど密着するのですから、身体の香り、口臭などがダイレクトに感じられます。

「この香りは無理!」というような相手だとキスも当然したくなくなりますよね。反対に「この香り好き!」と感じられる相手であれば、キスの相性も良いと考えても良さそうです。

顔や唇の形状によるフィット感が合う

顔の形状で変わるフィット感は、キスの相性を推し量る上で切っても切れない要素です。例えば、受け口同士のキスはいかにもフィットしませんよね。いわゆる出っ歯同士でも密着感が薄くなります。密着感が薄いと、何となくですが気持ち悪さを感じるものです。

上あごも下あごもノーマルの人同士ではぴったりとフィットするケースが多く、相性のよいキスと言えるでしょう。しかし、ちょっとした要素でフィット感は変わってきますので、キスする前に決めつけるのではなく、キスをしてみた上で自分の感覚を信じましょう。

毛穴が無いように見せてくれる、無色のファンデ。期間限定のお得情報♪[PR]
まだ間に合う!お年玉キャンペーン!✨