長く付き合うためにも恋人との金銭感覚を合わせるためにすること

彼氏と金銭感覚が合わないと言うことはよくあることですね。しかし、金銭感覚が合わないと、もし将来結婚することがあると考えると不安やストレスになってしまいます。金銭感覚が合わないというのは価値観も違うと言うことなので、恋人と大きなズレを感じてしまうものです。そこでここでは長く付き合うためにも恋人との金銭感覚を合わせるためにすることを見ていきます。

「見た目の診断、美容法の購入」を1分でできるアプリ。あなたに合った美容法を提案、そのまま注文。外出せずおうちでプロの美容法や人気コスメを楽しめます!

デート代は折半

デート代を常に常に彼氏が払っていると、自分自身の金銭感覚がマヒしてきてしまいます。片方だけがデートでお金を払うということは相手の金銭感覚に寄り添ってしまっているので、相手がどの程度の収入があってお金を払っているのか判らないことになってしまいます。

相手の収入が謎のまま、常に奢ってもらっているということは、いずれ相手の収入が判った時に大きなギャップになってしまうので止めておきましょう。

自分もデートでお金を払うという行為は自分自身の収入を基礎に、無理のあるデートなのか、そうでないかが判り、相手の金銭感覚も推し量ることが出来るので、特別なデート以外では常に自分もお金を払うようにしましょう。

お互いの金銭感覚について話し合う

恋人と金銭感覚が合わない場合は、2人でシッカリ話し合ってみましょう。もちろん、話し合う時はある程度交際して、お互いの金銭感覚がズレているなと思ったタイミングでします。

もしかすると相手の金銭感覚がおかしいのではなくて、自分自身の金銭感覚がおかしい可能性もあるので、お互いに自分の金銭感覚を明かして話し合いましょう。ケチな相手には「贅沢しようというわけではなくて、もう少しお金をかけたらお互いに楽しいかも」と具体的に指摘してみることも大事です。

お互いの趣味に関しては認め合う

結婚をしているわけではないので、金銭感覚を推し量るにしてもお互いの趣味にかけるお金についてはキチンと認め合うことが重要です。自分自身も趣味にお金を費やしている部分もあるでしょうから、相手の金銭感覚だけを責めるのは間違いです。

相手の趣味を理解することは中々難しいことです。ですが、自分にも「これは譲れない」ということも色々とあるはずです。例えば、男性にとってはメイクにお金をかけることが無意味に感じます。

100円ショップで買おうが、高い店で買おうが、その違いが理解出来ません。しかし、女性にとっては大きな違いがあり、重要なことです。このように理解出来ない金銭感覚があっても、そこは認め合うしかありません。

「見た目の診断、美容法の購入」を1分でできるアプリ。あなたに合った美容法を提案、そのまま注文。外出せずおうちでプロの美容法や人気コスメを楽しめます!