倦怠期は別れの合図?倦怠期の乗り越え方とは?

ある程度の期間交際していると良く倦怠期になるという話を聞きますよね。いつまでもラブラブでいられれば一番いいことですが、中々そうはいきません。ですが、倦怠期になるとイコール別れということになるのでしょうか。そこでここでは倦怠期は別れの合図?倦怠期の乗り越え方を見ていきます。

倦怠期は嫌いになったということでない

倦怠期に陥ると多くの人はパートナーを嫌いになったと勘違いして別れを選択してしまいますが、倦怠期は決して恋人を嫌いになったということではありません。倦怠期は言ってみれば恋愛の停滞期ともいえます。

大抵の場合、その停滞期が過ぎれば再び愛情は戻ってくるものです。ですので、倦怠期を相手のことが嫌いになったと勘違いしてしまうと不本意な結果を生むので正しい認識で対処することが必要です。

経験のないデートをしてみる

倦怠期は慣れてしまったり、飽きてきた時に訪れます。そんな「慣れ」や「飽き」を解消するためにも経験のないデートをすると効果的です。慣れや飽きがくるということはデートのスタイルもマンネリ化している可能性が高いと言えます。

そこで、いつもは行ったことがない場所などにデートに行ってみましょう。新しい環境で相手のことも違うように見えてくるはずです。また、初めて行く場所ですので自然とドキドキし、新鮮な気持ちになれるものです。

一旦距離を置いて1人の時間を増やす

倦怠期はお互いの距離が近いほど陥りやすいものです。そこで、一旦恋人から離れて自分だけの時間を持つことが効果的です。1人の環境にいることで近視眼的だった恋愛も徐々に客観性をもって見ることができるでしょう。

そうすることで、相手のことを見直すこともできますし、新しい発見もあるかも知れません。また、付き合い始めたころの思い出や気持ちも蘇ってくることでしょう。

共通項を増やす努力をしてみる

倦怠期では、それぞれが相手への関心が薄れていると言えます。そこで相手の趣味を知って共通項を増やすと相手への理解も深まり、同じ時間を別の形で共有できるので倦怠期を乗り越える良い方法になります。

このように趣味だけでなく、他にもこれまで興味がなかった相手の色々な部分を見るようにし、共通項を増やしていきましょう。

毛穴が無いように見せてくれる、無色のファンデ。期間限定のお得情報♪[PR]
まだ間に合う!お年玉キャンペーン!✨