男子が年上女性に対して持っているイメージとは?

年下の男子を好きになったり、交際したいなと感じている人は少なくないのではないでしょうか。今どきは歳の差カップルというのも珍しいわけではありませんので、チャンスはいくらでもあると言えます。しかし、年下の男性が年上の女性にどんなイメージを抱いているか判らないので、アタックする勇気も中々わかないものです。そこで、ここでは年下の男子が抱く年上女性のイメージについて見ていきます。

年上女性は憧れの存在

良く男子は「初めて恋するの母親」というくらいですので、幼少期から年上の女性に憧れを持っています。こうした傾向は、ある程度年齢が言っても極端に変わることはありません。

ですが、飽くまで「憧れの存在」ですので、年下男子にとって年上女性は”高値の花”というイメージが強く、中々簡単に口説くことは出来ずにいます。

恋愛経験が豊富だと思っている

年上女性というと、年下男子から見るとどうしても恋愛経験が豊富だと感じてしまうものです。そのため、自分では釣り合わないのでは?自分では満足させられないのではないかと思ってしまうものです。

また、子ども扱いされるのではないかとも感じますので中々積極的に「好き」、「付き合って欲しい」とは言えずにいます。

下に見られるのではと感じる

年下男子は年上女性に下に見られるのではないかと強く感じます。実際に下に見ていなくても年下男子はそう感じてしまうものなのです。

実際に女性が下に見なくてもナチュラルに立場的には年上女性が上なので、年下男子はコンプレックスを持ってしまいます。それではダメだと判っていても、年上女性の方が人生経験が豊富ですからついつい上から目線になってしまいます。

こうなってしまうと付き合えるものも付き合えなくなってしまう可能性も出てきますので、「知らない振り」をしてあげることも大事だと考えておきましょう。

交際イコール結婚と感じてしまう

年齢的なものにも左右されますが、20代後半から30代の年上女性の場合、「交際イコール結婚」と考えているのではないかという先入観を年下男子は感じています。交際即結婚ということになると告白するのにもかなり慎重にならざるを得ません。

逆に女性の方からアプローチされても「結婚」の二文字が真っ先に浮かんで躊躇されてしまいます。年下男子にはあまり結婚を感じさせないようにしましょう。

毛穴が無いように見せてくれる、無色のファンデ。期間限定のお得情報♪[PR]
まだ間に合う!お年玉キャンペーン!✨