不倫はしていい?不倫に向いている人、不向きな人

好き、の先に何を求めているのか

不倫をしている、する寸前で悩んでいる独身のあなた。その恋愛になにを求めていますか。彼とはどういう結末を求めていますか?

「今その瞬間だけを楽しむことを目的として彼との未来は求めていない」と言うのであれば「バレた時に慰謝料を請求されるリスク」「周囲からの信頼を失うリスク」というコスパの悪い恋である旨を念頭に入れて自由にやってください。

ただし、「将来的に誰かと結婚したい」という考えがあるのなら、不倫をしているあなたは彼氏持ちの女性どころか、彼氏がいない女性よりもゴールに一番遠い存在です。その上「結婚したいその相手は今の不倫相手である」と、いうのなら悲しいことにその中でも最後尾。今すぐ辞めるべき理由を解説していきたいと思います。

不倫に向いている人、いない人

まず不倫に向いていない人がいます。

それは「相手のために理解のある女でいよう」と考えるタイプです逆に向いているのは「自分の利益だけ考え、周囲の目線を気にせず強い意志を持って略奪に向けてなりふり構わず行動できる人」

背負うものが大きすぎるため、不倫はもちろん略奪したとしても、その後の人生死ぬまで相当な胆力を要します。つまりとことんに自己中な人にしか不倫から略奪までは貫き通せません。ただでさえ相手の妻子や周囲の人間に影響を与える自己中心的な恋を選びながら「理解ある女」でいたがる良心がある時点で矛盾が発生しているので、あなたの心はどこかで耐え切れなくなり必ずキャパオーバーでぶっ壊れます。

相手を慮れるからこそ、一人とだけ向き合えばいい普通の恋愛に打ち込んだ方がその素敵な一面がより発揮できるのです。「寂しさ」を原動力に不倫をするタイプはさらに危険です。埋めた寂しさに対する対価が大きすぎて釣り合いが取れず、こちらもすぐにキャパオーバーします。深入りする前にやめましょう。

不倫はレストラン

あなたは自炊をしますか?献立を考え買い物をし、調理工程を組み立てて食材の下拵えを行い、調理を施してやっと食事にありつける。そして最後は後始末まで発生するし、生活から切っても切り離せないのが自炊です。

それに比べて外食のまぁ楽なこと。その日の気分に合わせて料理ジャンルまで変えられて、好きなお店を選んで食べるだけ。多少お金はかかるものの、後片付けも何もいりません。純粋に食事だけを楽しめるこんなに気楽で楽しいことはありません。

つまるところ自炊は家庭や奥さん、レストランでの外食は不倫と同じなんですよね。

家庭を築くためには様々な義務、時には面倒が発生し、愛だけでは成り立ちませんし、生きることから切り離すことはできません。それに比べて不倫は恋愛や体の関係を楽しむこと以外何も考えなくていい。好みのタイプもいろいろあるでしょう。最近の不倫報道で言えば、気に入ったお店一軒に足繁く通っていたような有名二世女優を奥さんに持つ某俳優Hさんタイプや、いろんな食を楽しみたいから毎日日替わりで様々なファストフード店をはしごしていた某多目的トイレ芸人さんのようなタイプもいます。

奥さんと自分、どちらを愛しているのか

不倫中の人がぶち当たる問題の一つ「どちらを愛しているのか問題」

つまるところ、どちらも別物なんですよね自分好みの味付けにできる慣れ親しんだ自炊ご飯も安心するし、気分で選べる外食も美味しい。どちらも別物、だけど好き。だからここを比較するのは不毛ですし、逆にいうと同じ土俵に立つことがすごく難しいのです。

よほどのことがない限り、人間の生活は自炊とは切っても切り離せない関係です。そこがベースにあってこその外食。どちらを食べるか、頻度は人によって違いますし、もしかすると外食の方が多い人もいるかもしれません。でも家で食事をしない人はほぼいません。つまり、自炊=奥さんの存在は好き嫌いを超えた生活そのもの。状況などによってはいつでも通うのを辞めることができ、自炊で賄えてしまう外食は非常に弱い立場なのです。

不倫の立場の脆さを感じると、不倫に足を踏み入れるのが恐ろしくなってきませんか?

お互いの方向性が違った瞬間不倫は不幸が生まれる

学生の頃は純粋に「好き」という気持ちだけで恋できたけれど、結婚前提の大人の恋は、その他に様々なスペックや価値観などの条件を求めたり、その他にも両家の関係などあらゆるハードルを超えて初めて結びつくという非常に複雑なものになります。

その数多のハードルを超えて結ばれたのが奥さんであり、一方不倫は将来のことを考えなくていいので「好き」or「性欲」の1ハードルで気軽に関係を結べてしまいます。

全てを捨てる覚悟がある前者の恋なのか、はたまたそこまでではないのか、見極めるのが難しいところも不倫の難しさです。そこの方向性が違った瞬間、不倫はお互いにとって不幸しか生まれなくなってしまうのですから。

辛い恋の結論の出し方

「今すぐ奥さんとの関係を終わらせることができるのか」単刀直入に問いただして行動にすぐ移してくれないのなら、彼と過ごすそれ以降の時間は無駄です。

結婚という目標のための価値ある若い有限な時間は刻一刻と失われてしまうわけですから。それをすぐに実行してくれない相手とは即お別れするべきです。今はまだ時期じゃない、これから関係を築いてからじゃないと切り出せないと考える人もいるでしょう。でもその時期を待って切り出したところで、奥さんとの関係を切ると言ってくれる確証はありますか?であれば博打に過ぎません

ただ、貴重な女の花の時を失ってでも博打をしたいという覚悟があるのなら、自己責任でその賭けにBETしてもいいでしょう。その貴重な時間にさまざまな普通の恋の出会いや可能性をかなぐり捨てていることも忘れずに。

この人しかいないは無い

結婚願望がある場合、どうしても女性の方が失うものが多くなってしまう不倫。搾取される結果になってしまうことも多いので、搾取し返してやるくらいのマインドと先に述べた胆力を持っていないくらいなら早めに撤退するが勝ちです。

勇気を持って踏み出してみると「この人しかいない」なんてことは実はほとんどないのですから。

ABOUTこの記事をかいた人

大和撫子の対極にいるクソアラサー。恋愛で出会った様々な男性や婚活についてブログやTwitterで綴っている。 ・男性見聞録 http://yamatonadeshi5.hatenablog.jp/ ・Twitter https://twitter.com/yamatonadeshi5