ややこしい!W不倫がバレるとお金もかかって大変すぎる

片方が既婚者の場合でも、不倫がバレた後に大変な思いをしたという経験者の話しがありますが、お互いに既婚者のW不倫だったという場合には精神的なダメージだけではなく、金銭的にもボロボロになったという話はよく耳にします。そこで今回は、W不倫がバレるとお金もかかって大変すぎるについてご紹介したいと思います。

W不倫がバレる大変!慰謝料に養育費、弁護士費用も!!

W不倫の場合、どちらかの不倫がバレてしまうと、相手の方も不倫していたことが配偶者にバレるケースが多いようです。それぞれが既婚者というW不倫の場合には、お互いの配偶者に慰謝料を請求されるというややこしいケースになるのです。

不倫していたことがバレて自分側の配偶者が高額の慰謝料を相手側に請求すると、相手の配偶者も同じように高額の慰謝料を請求してくる可能性もあります。慰謝料の請求に関しても、当事者同士の話し合いで決めるのか、内容証明郵便の送付で請求するのか、民事訴訟を起こされて請求されるのかによってもかかってくる費用が違います。

民事訴訟を起こされた場合には、弁護士をたてる必要もあるため、慰謝料の他にも弁護士費用も掛かってきます。また、慰謝料の金額は、不倫がバレた後も結婚生活を続けるか離婚するのかでも変わってくるようです。

不倫が原因となっての離婚は不倫関係がそれだけ影響したと判断されるようです。

結婚生活の長さや、不倫がバレたことで配偶者がうつ病などを患ったといった精神的・肉体的苦痛の度合い、自分から不倫を主導したなどの様々な条件で慰謝料は変わってきます。

法律による慰謝料の規定はありませんが、一般的な慰謝料の相場としては、結婚生活を続ける場合70万円前後、離婚する場合には200万円のという高額な慰謝料を請求されることにもなりかねません。

その他にもW不倫が原因で離婚することになり、子供がいる場合には養育費も請求されます。

W不倫は一方がバレてしまった場合、芋づる式に自分の不倫が配偶者にバレるケースが多く、他の不倫カップルより、より複雑でややこしく金銭的にも痛手となる事が多いようです。精神的にも肉体的にも大変な思いをしたという経験者たちの話しもあるので、自分たちは大丈夫という過信は身を滅ぼすことにもなりかねませんね。