W不倫をしている妻の言い訳やアリバイ作りとは

W不倫をしているのは夫だけではなく、最近では、W不倫をしている妻も増えているのです。そんな不倫をしている妻たちは一体どういう言い訳しているのか興味がありますよね。そこで今回は、W不倫をしている妻の言い訳やアリバイ作りとはについてお伝えしたいと思います。

仕事や職場の飲み会などを言い訳にしている

子供が小さいなど特殊なケースを除き、共働きしている夫婦も少なくありません。働いている妻の言い訳で多いのが職場での飲み会、仕事で出かける、仕事の都合で等をW不倫の言い訳に使っているようです。

パートやアルバイトでも急なシフト変更もありえますし、正社員として働いているという妻は出張などを言い訳にW不倫の相手とお泊り旅行をしているというケースもあります。多くの男性が仕事を言い訳に不倫をしていますが、働いている妻の多くもW不倫の言い訳に使っているようです。

夫と同じ職場ではない限り、仕事の都合でなどと言い訳されてもそれが本当かどうか確認するすべはありません。仕事を言い訳にするのは男性ばかりだと思っているのは夫だけかも知れません。W不倫の相手が同じ職場の人間だというケースも多く、お互いに都合を合わせやすいというのも理由のようです。

友人と出かけることを言い訳に使っている

友人と出かけてくるという言い訳もW不倫をしている妻の言い訳に使われることが多いようです。友人と出かけているのに邪魔するのも悪いなという意識にさせられますよね。友人との旅行や食事会などで出かけるという言い訳をW不倫している妻は使っているようです。

今まで友人とあまり出かけなかった妻がこの言い訳を使い、よく出かけるようになったという場合にはW不倫している可能性が高いかも知れませんね。

特に何も言わない

夫に何も聞かれないのであえて何も言わないというケースもあります。どこで何をしていたか、誰と会っていたかなどの詳細を全く聞かない夫もいるようです。泊りや、帰りが遅くなる場合には前もってその日家に帰らないことや、遅くなることを伝えているようですが、誰とどこでなどは聞かれないので言わないというW不倫をしている妻もいます。

これは誰とどこで何をしていたのか聞いてくる夫には使えない言い訳ですが、妻に対して無関心なのか何も聞いてこない夫も中にはいるようです。