日常に潜む不倫や浮気の兆しとはどんなもの?

不倫や浮気は出来ればして欲しくないものです。ですが、結婚生活もある程度の期間を経ると、夫の気持ちも離れていき、不倫や浮気をしたい相手が出来たりします。まだ不倫や浮気をしていないものの、気に入った相手がいて不倫や浮気に走りそうになっている時にはそれなりの兆しが見られるものです。そこでここでは日常に潜む不倫や浮気の兆しとはどんなもの?等の情報を見ていくことにします。

会話がなくなってくる

夫に気になる女性がいた場合、あなたとの会話が極端に減ってきます。妻とは別の女性を好きになるため、妻への興味が著しく低下します。そのため、話しかけても大抵上の空でろくに返事をしなくなります。それまでは会話もそれなりに順調だった場合は、正に不倫や浮気の兆しと見て間違いないと言えるでしょう。

いくつになっても恋をすると盲目になるもので、既婚男性でもそれは全く同じことです。どうやってその女性と恋仲になるかを常に考えているので、もう妻にはスッカリ興味を失っていると言える訳です。結婚してから忘れてしまっていた甘酸っぱい恋愛の気分に引っ張られて、どんどん夫婦のコミュニケーションがなくなっていくのです。

行動パターンに変化が出てくる

不倫や浮気をしたいと考えていると、男性の行動パターンに大きく変化が出てきます。まだ、不倫も浮気もしていないのになぜ?と思うかも知れませんが、意中に女性がいる段階で、いつかは交際したいと考えているので、その時のために早めに自分の行動パターンを変えて、その時のために準備をしていると言えます。

不倫や浮気を始めてから急に行動パターンを変えると疑われる可能性が高くなるので、交際前の準備段階で生活に変化をつけておき、その変化に妻がどう反応するかシミュレーションをして不倫や浮気の生活の変化を前もって整えていると言えるのです。

スキンシップの回数が極端に減る

スキンシップが極端に減るのも、これから不倫や浮気をしようとしている兆候です。気になる人が出来たので、妻と深いスキンシップをとる気持ちが薄れてきています。

不倫や浮気をまだしていないにせよ、妻とスキンシップをはかるのは不倫や浮気をしようと思っている相手に失礼だとも感じているのです。また、実際に行動に移した後も、当然スキンシップが全くなくなることが予想され、前段階でスキンシップを徐々に減らしていき、疑われないようにすると考えられます。