それを言っちゃう?器の小さい不倫男との別れを決心した言葉

不倫を厭わないほど彼が好きだったのに、ちょっとした男性の言動に呆れてしまい目が覚めるということがあります。目が覚めると「なぜこんな人を好きになったんだろう?」とさえ思ってしまい、自分自身で驚いてしまうケースもしばしば。そこでここではそれを言っちゃう?器の小さい不倫男との別れを決心した言葉等の情報を見ていくことにします。

結婚は地獄だよ

不倫の恋愛の場合、年上で包容力があり、且つ尊敬出来るような男性を好きになることがほとんどです。もちろん不倫の恋愛に突入してしまう男性は、結婚生活に嫌気がさしている、妻に飽きているというのは当然でしょうが、そんな包容力があり、尊敬も出来る男性が私生活に対して愚痴っているとかなり幻滅してしまうものです。

不倫相手の前で「結婚生活はいいよ~」という男性はいないでしょうが、ことさら結婚生活が地獄だと言われてしまうのも嫌なものです。いい大人が自分で決めたことをここまで悪くいうのは尊敬が薄れてしまう要因にもなります。会う度にこんな話をする男性は器が小さいと感じてしまいますね。

毎回本気にならないでという男

不倫は実らない恋愛とも言いますが、殊更それを強調されると嫌なものです。中には不倫なので遊びとしてしか考えていない女性もいるにも関わらず、常に上から目線で「頼むから本気にならないでね」と話す男性には器が小さいというよりも、滑稽にすら見えてしまうものです。

妻とは違う女性と遊びたいけれど、面倒ごとはゴメンだという考えが透けて見えてしまいますね。こんなことを会う度に言ってしまう男性は身勝手も良いところで、百年の恋も冷めてしまうものです。

俺のこと誰にも絶対言わないで

不倫の恋愛は、双方とも隠し通す必要がある交際と言えます。大抵の場合、どちらも他者には打ち明けたりしないものですが、男性が小心者ですと必要以上に「俺のことは誰にも話さないで」と言うものです。

あまりに執拗に言われると、あまりの小物ぶりに恋も冷めてしまいます。不倫の場合、職場など比較的身近なところで交際に発展しますので、小さいコミュニティでバレることを恐れるのは理解出来るものの、不倫しておきながら何のリスクも背負わないという身勝手な考えにはウンザリしますね。