「不倫の鉄則」守らないと関係は崩壊!6つの決まりとは?Part1

不倫は人ならぬ恋と言われます。つまり、周囲には絶対に気付かれてはならない恋愛ということです。そのため、会う時や連絡する時、相当な注意を払う必要があり、気の休まる時は中々ありません。しかし、バレないという鉄則を守るためには仕方がありません。そこでここでは「不倫の鉄則」守らないと関係は崩壊!6つの決まりとは?Part1などの情報を見ていくことにします。

イベント時に会いたいと言わない

不倫の恋愛をしている限りは、クリスマス、お互いの誕生日、バレンタインなどに会えないことは承知しておきましょう。既婚者である男性はそうしたイベントを家族で祝うものです。それをスッぽかしてあなたと会うことは不可能です。

唯一、会って祝える可能性があるのが2人だけの記念日である「交際記念日」のみです。既婚者の男性は基本的には家族や夫婦とイベント事は祝うので、そんな時に「会いたい」、「寂しいよ」、「今何してるの」など不満を連絡してしまうこともNGです。

不倫は絶対に口外しないこと匂わせもNG!

恋人が出来たりすると、せめて近しい友人にだけでも言っておきたくなるところです。しかし、どれだけ仲良くても、どれだけ信頼できても、誰にも口外してはいけません。どこから漏れてしまうか分からないからです。

仲の良い親友だからと言って気を許したりして話してしまうと、やはり漏れていってしまいます。この不倫の件に関しては誰も信用してはいけません。バレてしまえば関係が終わるばかりか、大きなペナルティを背負わざるを得なくなり、重くハードな人生を強いられることにもなり兼ねませんので、絶対に口外せずにおきましょう。

また、最近はSNSなどで匂わせたりするケースも少なくありませんが、これもまた物的証拠にもなり兼ねません。また、SNSのフォロワーからは、彼氏がいるとして追及され面倒なことになりますので匂わせることも絶対にしてはいけません。

証拠になるものは絶対に残さない

不倫では神経質すぎるほど「証拠を残さない」ということに留意する必要があります。普段でも旅行でも本来ならば思い出として大切に残したい写真やビデオなども一切撮ってはいけません。万が一撮ってしまった場合は、すぐに消去しましょう。

また、彼に髪の毛や香りが残っていないか、必ずチェックする必要もあります。不倫の恋は燃え上がるような恋愛ですが、自分という存在を隠さなければいけないということもあり、自分の存在が否定されているような気分に落ち込むこともしばしば。

しかし、不倫の恋愛を継続したいならば、またペナルティを負いたくなければ、自分の存在が希薄でも、証拠のチェックは怠らないようにしましょう。

part2はこちら!!

スマートニュースでお読の方はオリジナルサイトで読むをクリック♪

「不倫の鉄則」守らないと関係は崩壊!6つの決まりとは?Part2

毛穴が無いように見せてくれる、無色のファンデ。期間限定のお得情報♪[PR]
まだ間に合う!お年玉キャンペーン!✨