身近な女性が不倫の恋に!適切なアドバイス3選

「あの2人不倫していたらしい」などの噂では不倫をしている人を耳にしたことがある人は結構いますよね。ですが、実際に親友や親しくしている身近な女性が不倫の恋をスタートさせていたらどう声をかけたらいいのか、何を言っていいのか分からないという人の方が圧倒的に多いはずです。そこで今回は、身近な女性が不倫の恋に!適切なアドバイスとは3選をお伝えしたいと思います。

アドバイスその1:最終的にはどうしたいの?と将来を聞く

好きになった人が既婚者だっただけという女性には、不倫の恋をして最終的な2人の関係を聞いてみるのもアドバイスになるようです。何も考えずに交際をスタートさせた人もいれば、好きだから将来的にはずっと一緒にいたいと真剣に交際している人もいます。

軽い気持ちで不倫の恋をスタートさせた女性なら、不倫する事で生じるリスクをアドバイスしてみるのもいいでしょう。リスクについては、次のアドバイスで詳細を説明しています。誘われたからなどまだ不倫相手にのめり込んでいないのなら、きっとそのアドバイスで目が覚めたという女性もいるかもしれません。

アドバイスその2:不倫で生じるリスクがある

多くの代償があることの多い不倫の恋。出来れば身近な女性には幸せな恋をしてほしいと望むものです。不倫の多くは不毛の恋で、10年以上不倫を続けている人も多く、その代償に数年、数十年という自身の年齢や、不倫がバレた時の慰謝料、周りを欺き続ける覚悟など不倫の恋が実ればまだいいですが、実らなかった場合でもこれらのリスクを背負わなければならないのです。

恋をスタートしたばかりで盛り上がっている時は、盲目になりがちで、人の声に耳を傾けない女性が多いですが、そんな時にアドバイスをしてもムダと考えずに、どうしたいのか?と軽い近況報告のようなふりで話をふってあげるといいでしょう。その時に、ふとした時に心に刺さったトゲは頭の片隅にあり、ふとした時に苦言とも言えるアドバイスを思い出すものです。

アドバイスその3:相手の悩みや相談にのる

所詮他人が何を言っても、結局は自分で決断しない限り何も変わりません。不倫している2人が真剣に交際している場合もあります。それなら離婚してから交際すればいいという最もな意見はいったん置いておくとして、不倫の恋は常に人目を避けたり、自由にならないことが多い交際です。

不倫している女性も、誰にでも不倫の恋を打ち明けられるわけではなく、秘密にしなければならないことが多いのです。悩みや不安などを誰にも打ち明けられないという心に孤独を感じている人が多いため、愚痴や悩みを聞き、周りで聞く不倫の経験談などをアドバイスしてみると良いかも知れません。