いつの間にか底なし沼に!ハマると抜け出せない不倫とは

いつでも別れられるとタカをくくっていても、あっと言う間に底なし沼にハマって抜け出せないという不倫。不倫経験者の多くが抜け出せないまま現在も不倫を継続中で泥沼化していたりするのが現状のようです。そもそも不倫するとなぜ抜け出せなくなるのか執着してしまうのか不思議ですよね。そこで今回は、ハマると抜け出せないという不倫についてなぜ抜け出せなくなるのかをお伝えしたいと思います。

自分自身に優越感を感じられるから

不倫の場合、相手が既婚者、もしくはお互いに既婚者同士というW不倫しているというケースもあります。変わりばえしない日々を送っていることや、仕事やプライベートが上手くいかないな不満を抱えていたり、ストレスが溜まっていたりという事は誰でもが経験し抱えていることです。

そういった場合、自己否定感を強く感じてしまう人も多いですよね。不倫の場合は、不倫相手に既に相がいるのに自分が選ばれたという一種の優越感を得られるのです。

また、自分に目を向けてもらえる好意を示してもらえたりと、心に満足感を得られるために不倫にハマりやすいようです。

不倫相手に包容力がある

相手に対して包容力を求めたいけど、同年代には求められないという場合、どうしても自分の年齢よりも年上の人に目を向けがちになります。自分より年上の人というと未婚の人は限られており、ほとんどの場合が既婚者になってしまうのです。

そのため、包容力を求めて付き合う人を選ぶとどうしても不倫の関係になってしまうケースが多いようです。同年代では感じられない安心感や包容力が魅力的で不倫にハマりやすいようです。

新鮮さを得られるため

不倫をしている場合は、普通のカップルと違いいつでも会えてどこでも出かけられるという状況ではありません。一般的に付き合いが長くなると関係性がマンネリ化してきますが、不倫の場合は相手の都合のいい日にしか会う事が出来ないため、常に新鮮な関係性を維持していけるようです。

不倫から抜け出せなくなるのは、優越感を得られ心が満足し、安心感や包容力が魅力的で、新鮮さを失わない関係性を築いていけるため、気付いたら抜け出せなくなる底なし沼に陥ってしまう人が多いようです。