もうそろそろ潮時?不倫している人が感じた不倫の終わりとは

不倫のし始めはお互いに周囲が全く目に入らないほど夢中になってしまうものです。ですが、不倫である限り未来のない付き合いですので、いつしか頭は悩みでいっぱいになってしまいます。一度疑念を抱いてしまうと止めることは出来ません。そこでここではもうそろそろ潮時?不倫している人が感じた不倫の終わりとは等の情報を見ていくことにします。

バレそうになった時

不倫関係が潮時だと思うのは周囲にバレそうになった時です。自分の配偶者にバレてしまうと離婚や慰謝料など面倒なことがついて回ります。また、社内不倫などの場合は会社に知られてしまうと出世にも響くどころか異動などのペナルティがある可能性があります。

通常の恋愛とは違い、不倫でバレるということは致命的といえます。法的にも社会通念上も不倫はすべきではないことですので、バレるということとは関係の終わりを告げられていることと同義なのです。

社会的信用を失っても、婚姻生活が破綻しても、不倫の愛を貫く覚悟がある場合は別ですが、中々そこまでのリスクを負う覚悟がある人は少ないでしょう。

他にイイ人が現れた時

不倫の恋愛は未来のない交際です。となれば当然独身のイイ人が現れた場合、不倫の清算を考える人は少なくないでしょう。また、既婚者の不倫相手はそれこそ付き合い始めから「離婚して一緒になる」など不倫を継続するために口からでまかせばかりでいつまでも実行してくれず嫌気がさして他の異性に目がいってしまうものです。

不倫こそは真剣な恋愛だと言われることもありますが、蓋をあけてみれば都合のいい相手とお手軽にするものです。結局は目が覚めて魅力的な相手が現れれば意外に簡単に乗り換えてしまうものです。

本気になった時

不倫を本気でしているという人はいるでしょうが、中には遊びのつもりという人も決して少なくありません。不倫相手が「家庭を捨てて一緒になって」と本気モードになってきたら遊び感覚の人は逃げたくなってしまいます。

W不倫などの場合でもどちらかが本気になって、本当に家庭を捨てようとし家に帰らなくなってしまったりするとその温度差にもう1人の相手はやはり逃げ出したくなります。

そんな時、「そろそろ潮時かな」と感じるものです。