夫に不倫されてしまいやすい”サレ妻”になりそうなタイプとは?

不倫をされてしまう妻”サレ妻”になってしまう女性には、ある程度共通のタイプがあります。こうした傾向を知らないで油断していると、自分もサレ妻になってしまい兼ねません。幸福な結婚生活を夢描いていたにも関わらず、こんな仕打ちは受けたくないものです。そこでここでは夫に不倫されてしまいやすい”サレ妻”になりそうなタイプとは?等の情報を見ていくことにします。

自立した完璧主義者

自立した完璧主義者の女性に男性は息苦しさしか感じません。交際している間はそれほど気にならなかったでしょうが、結婚して生活を共にすると自分の完璧主義を押し付けられるケースが多いためにそういう事態に陥ってしまうのです。

また、家事から育児、パートなど何でもそつなくこなせる女性であればあるほど自立していると感じ、自分の必要性をあまり感じなくなってきます。男性はどこかで「頼られたい」といった気持ちを持つものですから、こうした妻からは心が離れがちです。

そして、つい妻以外の女性に甘えられることや癒しを求めてしまうのです。そもそも本来であれば、自分が体調を崩したりした時には夫に家事や育児を担ってもらわなければなりません。普段から完璧主義にこだわっていると、そうした時に夫が何も出来ないという羽目になり兼ねません。

ノーがいえない

不倫されるサレ妻は自己肯定感が低いため、やめて欲しいことやしたくないことがあっても嫌とは言えません。優しい夫であればそれで夫婦仲は円満ですが、いうことを聞くことによって調子になる夫もいます。

「強く言えばあいつは何も言えないから」と好き放題になり、浮気や不倫につながっていきます。極端に言えば妻を隠した扱いし、「不倫してバレても許される」とさえ考えています。

浮気や不倫をされないためにも、普段から一定数はノーを言える妻でいましょう。

夫をあなどりがちな妻

自分の夫がまさか女性にモテないだろうから浮気はできないだろうと言った風に夫をあなどりがちな妻はサレ妻になってしまいがちです。また、「自分は愛されているから浮気や不倫はされない」とあなどっているケースでもサレ妻になりやすいと言えます。

中にはわざわざ言わなくてもいいのにも関わらず「隠し通せるなら浮気をしてもいい」などと強気な発言をしてしまうような妻もサレ妻になりやすい傾向があります。