不倫相手にふと冷めてしまう瞬間とはどんな時?

不倫の恋愛と言えど、男女の交際であることは間違いありません。どれほど燃え上がっていても、ふとした瞬間に冷めてしまうことはいくらでもあることでしょう。そこでここでは不倫相手にふと冷めてしまう瞬間とはどんな時?等の情報を見ていくことにします。

奥さんと上手くいっていないはずが実はラブラブ

不倫の恋愛の場合、嘘だと分かっていても「奥さんとは上手くいっていない」というのは守っておきたい最後のラインです。不倫相手の前ではほとんどの男性が「妻とは上手くいっていない」、「家庭は崩壊」、「いずれ離婚する」などと言うものです。

女性としてはそれを信じたいと、不倫を続けるモチベーションとしているものです。しかし、偶然彼と妻とのLINEのやり取りを見たり、電話に聞き耳を立てていると、普段言っていることとは真逆で、奥さんの尻に敷かれ、しかもそれなりにラブラブだったりすると、一気に恋心も冷めてしまうものですね。

何より、自分に嘘を吐いていたということが薄々分かっていたとしても許せないものです。

交際期間が経過するとケチ化する

不倫の恋愛でも、口説かれる際には沢山奢ってくれたり、高価なプレゼントを頻繁にしてくれます。もちろん、不倫交際直後も同様に太っ腹なところを既婚男性は見せてきます。

ですが、交際が深まっていけばいくほど徐々にケチになっていき割り勘や、酷い時にはお金がないと借りようとまでしてくる場合があります。それもそのはず、余程地位と収入がある男性なら別ですが、わずかばかり実入りが良いと言ったレベルで家庭を持った男性が不倫相手までをも贅沢させる余裕はなくなってくるものです。

結局、最初の姿は付き合いたいがためだけにしている格好付でしかなく、実態はこんなものです。お金があるないだけで付き合うわけではないでしょうが、不倫というリスキーな恋愛をするにしてはお粗末と言え、これでは一気に冷めてしまうでしょう。

蓋を開けてみれば身体だけの関係

不倫の関係は、最初の頃は良くても一目を忍ばなければいけないので、徐々にホテルや部屋に直行というスタイルになってきます。結局、普通のデートと呼べるものは出来ず、蓋を開けてみれば身体だけの関係ということになってきます。

男性にとっての不倫は、「恋愛をしたい」からではなく「性欲を満たしたい」という目的でしている場合が多いために男性にとっては都合の良い関係に落ち着いていったと言えますが、女性としては不倫も普通の恋愛と変わらない思いがあるので段々虚しくなって一気に冷めてしまいます。

毛穴が無いように見せてくれる、無色のファンデ。期間限定のお得情報♪[PR]
まだ間に合う!お年玉キャンペーン!✨