不倫がバレて離婚!離婚の際に準備するものや役所への届けには何が必要? 

不倫の多くが最終的に行き着くのは離婚です。離婚は結婚の何倍もの精神力と労力を使うとよく耳にすると思います。そこで今回は、不倫がバレて離婚、離婚する際に準備するものや役所への手続き方法などをご紹介したいと思います。

不倫がバレて離婚!離婚の際に準備するものとは?

不倫がバレてしまい最終的に離婚することが決まったら、離婚するために準備することが色々あります。

●共有財産の分配の仕方

●慰謝料はどうするのか

●離婚後の住居探し

●新居への引っ越し

●離婚に掛かる費用の負担をどうするのか

●経済的自立など

その他にも、子供がいる場合には、親権や面会日の取り決め、養育費についてなど離婚するにあたって準備しなければならないことが沢山あります。ここできちんと取り決めをしておかないと揉める原因になる可能性が高く、新たな人生のスタートを切れない場合もあります。

役所への届けには何があるの!?

離婚する段階になったら役所への届けも忘れてはいけません。

●住民票の異動

●世帯主の変更

●身分証の書き換え

●印鑑登録

●国民健康保険の加入

●国民年金の変更

●名義変更

受けられる支援金額や内容は、子供の年齢やそれぞれの市区町村によっても変わりますが、

●児童扶養手当

●就学援助

●ひとり親家庭の医療費助成制度

●母子家庭、父子家庭の補助制度関連など

大まかな役所の手続きですが、離婚には様々な手続きが必要になります。

不倫がバレて離婚?離婚前に別居婚もあり!?

不倫がバレて離婚を決断しても、現実的に考慮すると経済的な面や子供の事となかなか難しいと思う人は少なくありません。子供がいる場合、離婚した後の新居が今と同じ学区で探せるとも限りませんし、転校というケースも出てきます。

子供の年齢によりますが、子供の事を考えると環境を変える事に躊躇してしまうというのは当然のことです。いずれ離婚するにしても、手続きや離婚の話し合い、経済的自立などに時間が掛かります。

最近では、期限を決めて別居婚を試しているという夫婦の形も増えているようなので、離婚の準備期間を別居婚をして試してみるのも有りではないでしょうか。