いつかは終わる!不倫関係の終わり方TOP3!

不倫は基本的には実らない恋愛と言われています。ごくまれに離婚から結婚に結びつく場合もありますが、そうしたケースは極めて少なく大抵は、ある程度の年数関係が続いたとしても、最後は交際解消して終わってしまうことがほとんどと言って良いでしょう。そこでここではいつかは終わる!不倫関係の終わり方TOP3は何?等の情報を見ていくことにします。

3位 自然消滅

そもそも不倫関係が継続する月日はどの程度なのでしょう。アンケートなどを見ていくと約半年から3年と言う期間がスタンダードのようです。3年も付き合っていたら流石に別れづらいのではないか?と考える人も多いでしょうが、不倫とはそういうものなのです。

そんな関係性ですから、不倫の終わり方では「自然消滅」が上位を占めています。元々どこか割り切った関係だという気持ちが双方にあり、連絡が途絶えたら=別れということになるのでしょう。例え、未練があってアプローチしようにも、相手は既婚者、未婚の男性と同じように連絡出来たりするわけではありません。

2位 気持ちが冷めてしまった

どんな恋愛でもいずれは気持ちが冷めてしまうものです。もちろん、それは不倫の恋愛においても決して例外ではありません。不倫の恋愛は背徳感も相まって特に最初は強く気持ちが燃えるものです。ですが、その恋の炎が強ければ強いほど、燃え尽きてしまうのも早いと言えます。

将来の先行きが見えない不倫の交際では、我慢をしてまで付き合う意味が見出せないために少しでも冷めたり、倦怠期に陥ったりした場合、2人で乗り越えようという気持ちが湧いてこないものです。

1位 バレた(バレそうになった)

不倫関係の別れの原因の1位は何といっても「バレそう」、「バレたから」という理由がダントツです。秘密の恋愛だけに関係が周囲にバレてしまうということは致命的です。不倫の場合、バレそうになっているだけでも別れるに値する理由となります。

しかも、この終わり方の場合、猛烈に愛し合っていたところで別れずに済むというものではありません。下手をすれば2人だけの問題ではなく、両家、親族を巻き込んだ大騒動に発展し兼ねないのです。それゆえに、バレそうと感じただけでも別れることに踏み出す傾向が強いと言えるのです。