妻を女性として見られないと不倫する男性の本音とは?

不倫をした男性は「妻を女性として見られなくなった」、「夫婦はもはや異性関係ではなくなっている」などと言います。これは不倫をする女性にも同じことが言えますが、とは言えその真意は男女それぞれに違うことでしょう。そこでここでは妻を女性として見られないと不倫する男性の本音とは?等の情報を見ていきます。

男性としてシッカリ見てもらいたい

男性が妻を女性と見られなくなった原因の1つとして、妻が夫を男して見ていないということが挙げられます。とは言っても、これはお互いさまでどちらが先かは当人同士にしか分かりません。

しかし、育児や家事に追われて女性の方も夫を男性として見られなくなっていることでしょう。そうなると、男性は日々手に余る状況になり、興味が外へと向かっていきます。

男性としては、日常のふとしたことでも「男性として見てくれている」ということがあれば解決する問題なのです。男性は自分をたててさえいてくれれば、男性としてのアイデンティティを保つことが出来るので、浮気や不倫をされたくなければ、ほんの少し男性に気をつかってあげましょう。

辛い時や苦しい時に優しくされたい

結婚生活も日が経てば新婚の時のラブラブ感はなくなってきます。やがてお互いを思い遣る心もいつの間にか消え去っていきます。男性が辛い時や苦しい時なども以前なら気にかけていたことも、いつしか放置状態になってしまいます。

それどころか、妻は夫の嫌なところが目につくようになり、嫌味や文句ばかりが増えていきます。そうなれば日々ケンカという毎日が増えてきます。そんな中で他の女性に優しくされれば、そちらに心が傾いてしまうのは仕方がないこととも言えます。

妻が女を捨ててしまった

結婚前や結婚直後はキレイな恰好をして、メイクもバッチリだった妻も結婚生活に慣れてしまうとスッピンな上に、女を捨てたような服装を日々してしまいます。キレイにいることは男性にとって自分のためにしてくれることとも認識していますので、それをしないということは自分を男として見ていない証拠とも受け取れます。

そんな状況の中、オシャレで生活感を感じさせない女性が目の前に現れれば浮気心が芽生えてしまうのは当然のことなのかも知れませんね。