不倫が流行っているけど不倫は何がいいの? 

一般的には、“不倫”と聞くと悪いイメージしか持たないのではないでしょうか?それなのに不倫が流行しているのはなぜなのでしょうか?そこで今回は、不倫が流行っているけど不倫は何がいいのか?についてお伝えしたいと思います。

不倫の何がいいの?その1:結婚を考えなくても良い

ある程度の年齢で普通の相手と付き合う場合、一般的には2人の将来のことなどを考えながら付き合うカップルが多いですよね。

ですが、相手が既婚者もしくはお互いに既婚者の不倫カップルの場合には、結婚という将来のことを考えなくても気楽に付き合えることや、関係性に飽きたらすぐに別れられるという点が不倫の良いところだと感じている人が多いようです。

不倫の何がいいの?その2:刺激的で自由な関係

結婚してしばらく経ち子供が産まれると、2人の関係性が恋人から家族という関係性になる夫婦がほとんどだと思います。夫婦の関係性が変わってしまうと、恋愛中に感じたドキドキ感といった刺激が無くなくなります。

不倫の関係では、2人の関係は人目を気にしたり、バレてはいけないなどと不安定な状態です。ですが、その不安定さや刺激を求めている場合には、スリルを楽しめる不倫の関係性が良いところと感じている人もいます。

また、不倫の関係は時間の制約もあり常に会えるわけではないので、束縛を嫌い自由な関係でいたいという人にとっては不倫という関係性が魅力的に感じるのです。

不倫の何がいいの?その3:相手のいい面だけをみれる

結婚生活は、価値観や生活習慣の違う人間同士が生活を共に営んでいくため、相手の良い面だけではなく、悪い面も見えてきますよね。ですが、不倫の場合には求めているものが違うため、相手には良い面しか見せずに繕うことが出来ます。

不倫相手も相手の良い面しか見えないため、不倫という関係性を楽しんでいる人も多いようです。自分の求めているところを補えるという点で、不倫にハマってしまう人が多いようです。お互いに割り切った関係性で、あくまでも不倫していることがバレなければですが…。