不倫略奪愛!?不倫交際にまで持ちこめる女性の条件とは?

好きになった人がたまたま既婚者だった、だけど諦めきれないと不倫に走る女性は意外に多くいます。しかし、結婚して家庭がある男性と不倫関係になることはそれほど簡単なことではありません。言ってみれば略奪愛ということになりますので、男性も「この女性ならリスクも仕方がない」と思わせなければ結ばれることはないでしょう。そこでここでは不倫略奪愛!?不倫交際にまで持ちこめる女性の条件とは?等の情報を見ていくことにします。

外見容姿が魅力的

結婚生活も長くなれば徐々にお互い緊張感がなくなり、特に妻は家事や育児に追われ自分自身の身なりも整えないことが増え、一気に所帯臭くなっていくものです。そんな中で、男性にとって非常に魅力的な容姿を持った女性が夫の近くに現れれば、気持ちがそちらに傾いてしまうことは自然な流れとも言えます。

特に、容姿端麗で清潔、女性らしいスタイルや自分にあったメイクやファッションをしていると一気に気持ちを持っていかれてしまいます。罪悪感がないわけではないでしょうが、結局恋愛は見た目が第一ということで外見が美しい女性にはかなわないものです。

優しく話を聞いてくれる

男女はどんなに強い恋愛で結ばれたとしても、いずれは”異性”ではなく、”家族”としての愛や絆が強くなっていくものです。そうなると、途端に日々のことに追われてろくに会話もしなくなったりします。

そうなっていくことによって、お互いに悩みや相談ごとなど適当な相づちだけで終わらせてしまうことも多くなります。特に夫としては、一家の大黒柱なので、愚痴や会社の不満などは中々妻には言えないものです。もちろん、聞き上手な妻であれば別です。

しかし、結婚してからもそんな女性でいられる妻は稀で、ほとんどが軽く流してしまうものです。そんな時に、優しく且つ人の話を真剣に聞いてくれる女性が現れれば心が傾くものです。

スローペースで恋愛を愛しんでくれる

既婚男性の略奪愛が簡単ではないのは、妻を「女性として」見ていなかったとしても、長く一緒にいる妻に対しての情と言うものは消えずに残っているからです。また、不倫というリスクを負えば、家庭が崩壊し兼ねませんし、離婚ということになればかなり面倒なことになるからです。

どれだけ相手を好きであっても、ガンガン迫ってくる女性に対して男性は引いてしまいます。もちろん、それは情やリスクのことも無関係ではありません。そういう男性の立場も理解してあげ、スローペースで自分との恋愛を愛しんでくれる女性が現れれば男性心は大きく揺れ動きます。