新型コロナウィルス禍で不倫交際のスタイルも変わってきた?

現在も収束する兆しの見えず、新型コロナウィルスの変異株が発生、感染拡大しています。そんな長期化するコロナウィルス禍の中、ステイホームや営業時間短縮などと仕事のスタイルも三者三様です。コロナ禍で不倫をスタートさせた人も少なくないようです。そこで今回は、新型コロナウィルス禍で不倫交際のスタイルが変わったきた?についてお伝えしたいと思います。

言い訳しやすいため不倫相手に会える回数が増えた

新型コロナの感染拡大を受けて勤務体制が大幅に変化している人も多いと思います。ですが、勤務体制が変わったことを配偶者に話さず、いつものように朝職場へ出勤したふりをして不倫相手の元へと通っていたなんて事も多いようです。

ステイホームや、在宅勤務になったことを話さなければ、分かりませんよね。感染のリスクを考えると、本来なら不倫相手との密会も避けなければいけない時期ですが、自由に動ける時間が増えることや、言い訳も作りやすいコロナ禍という状況が不倫相手と過ごす時間が増えているようです。

昼間から会えるようになった

これも上記と同じように在宅勤務へと体制が変わったことを配偶者に隠したまま、不倫相手へと会えるます。

そのため、昼間と言わず、朝いつも通りに勤務先へ出勤する体で家を出て、そのまま不倫相手の元へと向かう人が増えているため、朝から一緒に過ごすことが出来る不倫カップルが増えているようです。

密会する場所が不倫相手の家に変わった

これもコロナ禍の影響で、不倫交際と言えば人目を避けてデートするスタイルが定番ですよね。ですが、コロナ禍の影響でいつも使用していたところが使用できなくなった等の理由から、不倫相手の家に滞在するというデートが増えているようです。

また、時間も会える日も自由に不倫相手に会いに行ける状況だと言うことも影響しているとも言えます。デートする日や時間が長くなれば、その分かかってくるお金の負担も多くなりますが、不倫相手の家でのデートなら金銭的負担も少なくなります。

そのため不倫相手の家でのデートスタイルに変わったという不倫カップルも少なくないようです。長引く新型コロナウィルス禍で、改めて不倫や不倫相手への依存が強くなっている人が増えているようです。