不倫男が既婚者であることを気付かれないための6つの行動とは?Part2

既婚者であることを隠したまま不倫をする男性は決して少なくありません。そんな不倫男にはそれなりに共通点があります。彼らは既婚者であることを気付かれないために様々な方法を講じます。いいなと思う男性が既婚者の可能性もありますので、不倫はごめんだという人はシッカリ見抜くようにしましょう。そこでここでは不倫男が既婚者であることを気付かれないための6つの行動とは?Part2等の情報を見ていくことにします。

part1はこちらから!

不倫男が既婚者であることを気付かれないための6つの行動とは?Part1

既婚者であるオーラを出さない

世の中には異常なほど生活感がない人がいます。その中でも既婚者であることを一切感じさせない男性がいます。言ってみれば既婚者オーラがないということですね。

その男性が意識的にそうしているのか、無意識でそうなっているのかは不明ですが、中には不倫の恋愛をしたいと考えて意識的に生活感をなくしている場合もあります。

こうした男性は、特に目当ての女性がいるわけではなく、常に不倫をしたいと考えており、いつ何時お気に入りの女性が現れてもいいように日頃から準備をしていると考えていいでしょう。

自分のことは一切話したがらない

自分が既婚者であることを秘密にし、不倫をする男性は、自分のことを一切話したがらない上、実際に話すこともありません。過去の男女関係の話も当然ですが、普通のカップルなら話すであろう家のことや幼かったころの話などプライベートに関しては一切明かしません。

もちろん過去に関する写真なども見せたりしません。どんなにプライベートなことを訊いても基本的には曖昧な返事で誤魔化したりすることがほとんどです。必要以上に自分の素性を明かしたがらない男性は、要注意だと言えるでしょう。

家に招待したがらない

ある程度の交際になれば、お互いの家を行き来することは当たり前のことです。ですが、既婚者であることを隠している男性は決して当然女性を自宅には連れていきません。それどころか、生活感を見せないためにも、性別問わず誰もその男性の自宅に行ったことがないという状態になっています。

更にその男性の暮らしている場所の住所を細かく知っている人も全くいないというのが当たり前の状況のようになっているのが、既婚者であることを隠している男性の特徴です。

part1はこちらから!

不倫男が既婚者であることを気付かれないための6つの行動とは?Part1