不倫や浮気を自白させる”カマかけ”質問とは?

もしかして自分の夫や彼氏が不倫や浮気をしているような気がするんだけど…。そんな風に疑いを抱いているのに決定的証拠を見つけることが出来ない。そんな時はイライラモヤモヤして、何やら生きた心地がしないですね。探偵に依頼するのも、スマホを勝手に見るのも流石に気が引けるものです。そこでここでは不倫や浮気を自白させる”カマかけ”質問とは?等の情報を見ていくことにします。

友達や知り合いが見たと言ってみる

不倫や浮気カマかけに一番効果的な言葉は、友達や知人に「〇〇が知らない女性と一緒にいた」と聞いたと話してみましょう。特に出張、休日出勤、残業のあった日をチェックしておいて、「仕事だって言ってたのに何してたの」と辛らつに言い放ちます。

とは言え、怒って言うのではなく、確信がない風を装って訊ねてみましょう。追及するという勢いではなくなるべくトーンダウンした調子で試してみましょう。油断させて夫や彼氏の様子をシッカリ見ていくようにして下さい。

SNSで見たよと言ってみる

夫や彼氏がSNSをして居る場合は、SNSの話題を出すのも効果的な手です。「Facebookで女の子とよく絡んでいるみたいね」、「アカウント見つけたよ」などでカマをかけ、自分はSNSを見ているよ、気がついてるよ、ということを匂わせましょう。

「不倫や浮気の証拠を握っているけれど、出来れば自分で言って欲しい。自分で告白したら許すかも」という空気をかもしていくの有効な手です。

隠し事をしていない訊いてみる

夫や彼氏の不倫や浮気をしていると感じている時は、「大切な話がある」と神妙な雰囲気でキッカケを作り、「私に隠し事していない?」と訊ねます。夫や彼氏はこの段階で実際に不倫や浮気をしている場合は、目が泳いでかなり動揺するはずです。

動揺していると感じたら、すかさず「怒らないから言ってみて」とカマをかけてみましょう。この怒らないからは、実際に不倫や浮気をしている夫や彼氏にはかなり効く言葉です。