不倫していることが周囲にバレバレな違和感とは?

不倫は基本的に自身の配偶者だけではなく、周囲の人達の目も欺く必要があります。既婚者との恋愛は本人達には当然のことであっても、周りは理解してくれません。そこで、不倫をしている場合は隠し続けるものですが、「あの人不倫しているね」と周囲にバレバレな人がいます。そこでここでは不倫していることが周囲にバレバレな違和感とは?等の情報を見ていきます。

休みや特別な日に誰と過ごしたのか分からない

休日などにデートの話しや旅行の話をしていても、いったい誰と行ったのか名前がまるで出てこない人は不倫をしているのがバレバレです。誰と行ったの?と訊ねても「友達」、「知り合い」などとハッキリしません。

彼氏となら彼氏と言えば良いのに言えないのは、後ろめたい関係の相手だからと周囲は感じるでしょう。とにかく特定されるのを嫌う相手と交際していると、段々話せる許容範囲が狭くなっていきます。

女子会などで恋バナをしても自分のことは話さない

女性同士の集まりで一番盛り上がるのは「恋バナ」でしょう。自分自身の恋愛について打ち明けたり、最近の恋愛話を披露する中で、一人だけ口が重い人がいると「きっと言えない相手なんだな」と周囲は気付いてしまいます。

特にそれ以前は「恋バナ」を積極的にするタイプだったなら尚更です。そこで「何かあった?」と訊ねてもハッキリ言わなかったり、明らかに彼氏がいるような行動をしているにも関わらず、「彼氏がいない」などと隠したがります。

結婚や既婚者についてネガティブイメージ

それまでは「結婚」についても普通に発言していたにも関わらず、急に「結婚なんて」と否定的な意見を言い出したり、既婚者を信用できないと話すなど、敵意と言っていいほどの言葉が出てきます。

既婚の男性と交際していると、常に自分の愛する人は、自分自身の元へ帰ってくるのではなく、妻や子供のいる家庭に帰っていってしまうのです。こうしたことからどんどんストレスが溜まっていき、結婚制度や既婚者に対して攻撃的になるのです。

あまり結婚を憎悪するような話をすると周囲も「きっと不倫をしているからだ」と薄々気付いてしまうものです。

毛穴が無いように見せてくれる、無色のファンデ。期間限定のお得情報♪[PR]
まだ間に合う!お年玉キャンペーン!✨