ちょっとしたことで夫婦仲に亀裂!不倫にまで発展するケースは? 

結婚して何年経っていても婦仲というのはちょっとした事が原因で亀裂が入り、お互いの不倫や最悪の場合は離婚に至ってしまうケースもあります。今回は、不倫にまで至ってしまう夫婦のちょっとした亀裂についてご紹介したいと思います。

不快な言い方や言葉使いが不倫へと発展

たった一つ言葉を間違えて使ってしまうだけで、取り返しがつかなくなる場合があります。相手を喜ばせるのも言葉一つですが、相手を不快にさせてしまうのもケースも多く存在します。また、言葉選びだけではなく、乱暴な話し方や、横柄な物言いなども相手を不快にさせるだけではなく、夫婦喧嘩に発展します。

相手を思いやる気持ちや尊重し合う事が良好な夫婦関係を続けていく上ではとても大切ですが、思いやりを忘れて頭ごなしに相手を否定する言葉ばかりを使ってしまうと、2人で話し合うことも出来なくなってしまい夫婦仲に亀裂を入れてしまい不倫へと発展する原因になってしまうのです。その中でも絶対に言ってはいけないNGワードというのもいくつか存在します。

身体的な事

背が低いなどの相手がコンプレックスを感じている身体的部分でどうしようもならない事を言うのはNGです。

家柄や家族など生まれ持ったもの

結婚する前から分かっていた相手の家柄や家族などどうしようもならない事を否定するのもNGです。

収入について

相手が頑張って働いて稼いでいる収入について○○さんはもっともらっているなど他人との比較などもNGです。

生活態度の不満が不倫へと発展

生活習慣や価値観の異なる人間同士が生活をともにするのが結婚生活です。お互いに譲り合い、妥協できない部分は二人で話し合い解決することで、信頼関係などを築くことが出来ますが、生活習慣や態度を改めずに解決しないままでいると夫婦関係に亀裂が入り不倫へと発展する原因にもなるのです。

日々イライラしてつい小言や文句を言ってしまったり、相手にストレスをぶつけてしまうのはNGです。二人でよく話し合い、お互いに尊重し合う関係でなければ、お互いに心を閉ざしてしまい、相手への興味を失いただの同居人になり果ててしまいます。

そうなると、夫婦関係は冷え切ったものとなり、不倫へと発展するケースが多いので注意が必要です。